FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sun. 01:41:21 -edit

04

04

やっぱり桜は難しいナァ 


やっと晴れましたね!
写真が撮れず、ストレスが貯まっていた皆さんも、久しぶりに溜飲が下がったのではないでしょうか。
おりしも桜のハイ・シーズン、と言うか、ひょっとしたらこの休みが最後のチャンスかもしれませんね。
私も新レンズとともに、どっぷりカメラ漬けの1日を送ってきました。


EKTdn2-008-021.jpg
【葵区清水公園】 MINOLTA α-7 / AF ZOOM 28-70mm F2.8 G / F4 AE / KODAK EKTAR100

新しく手に入れたのは、ミノルタの大口径ズームです。
「Gレンズ」と言うと、NIKONでは絞り環の無いレンズの名前なので全然そそらないのですが(笑)、ミノルタだと垂涎の的。
それだけにお値段も大変高いのですが、この玉は信じられない安い値段で買うことが出来ました。
鏡胴に大きめの白いスレがあるのですが、レンズ内は大変綺麗。

「うしし、得したぞ~」と思ったのですが、やはり甘くはなかった!
使ってみたら、かなりの後ピンです。と言うか、な~んかおかしい・・・あまりシャープじゃないんですよ。
現像やスキャナやせいかもしれないので、明日はα-7デジタルで検証してきます。


SUP400dn1-021-011.jpg
【葵区清水公園】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F8 AE / FUJI SUPERIA PREMIUM 400

う~ん、SIGMAの70MACROは絶好調です。
それにしてもフォーサーズに慣れてしまったせいか、被写界深度が読めません(苦)


EKTdn2-009-019-Edit.jpg
【入江1丁目】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F5.6 AE / KODAK EKTAR100

SUP400dn1-021-036-Edit.jpg
【入江1丁目】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F8 AE / KODAK EKTAR100

上の写真はKODAKのISO100フィルムで、下がFUJIのISO400です。
随分色が違いますが、例えフィルムが同じ場合でも、ネガは平気で色が変わってしまいます。
また、この2枚のように画面に暗い部分が少ないと、とても清々しい色合いになるのですが、2枚目のように暗い部分が多いと、若干濁った色に見えてしまいます。
この辺がリバーサルの方が扱いやすい理由の一つです。

やはり桜のような繊細な花は、ISO100の方が向いているようです。


EKTdn2-009-016-Edit.jpg
【入江1丁目】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F4 AE / KODAK EKTAR100

背景の緑色は何だと思いますか?
正解は、我が愛する巴川の藻が繁殖した水の色(笑)
随分綺麗な色になっちゃいましたねぇ。


EKTdn2-009-030.jpg
【江尻台町】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F5.6 AE / KODAK EKTAR100

本当の巴川の水の色は、こんな感じなのよ(笑)


EKTdn2-009-006.jpg
【入江1丁目】 MINOLTA α-7 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F8 AE / KODAK EKTAR100

本日のラストショットは、夕陽に頬を染めた桜。


いやぁ、やっぱり桜は難しいです。
どこかで見た写真しか撮れませんねぇ。

本日もまた修行不足を感じ、徒労に終わった1日であった、まる。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2010年04月04日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 銀塩写真 - ジャンル: 写真

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
過度な期待
銀塩には過度な期待は禁物ですね !
私もこれまでかなりの本数を撮りましたが、ネイチャーは非常に難しいです。
それよりも、古い町並みとか風景、スナップ的な写真の方が真価を発揮する
と思います。
それにしても、ネガ5本にリバーサル6本ですか ? 凄いですね。。。
私より先にかみさんに逃げられてしまいますよ(笑)
私は36枚撮りのフィルム1本だけ入れて行くことにしています。
最初に銀塩で一通り撮って、終了してからデジタルに移行します。
両方を同時に(交互に)撮影するのは無理ですね !

肝心のお写真の方ですが、個人的には3枚目のような写真が好きです。
被写界深度の幅は絞り値に比例しますので、
思い切って絞られるのも手ですね !
デシダルに慣れ切ってしまうと、本来の銀塩の写し方を忘れてしまいます。
参考までに ↓
http://www.cmehappy.jp/articles/exposure.html
URL | フォトン #- | 編集
2010.04.04 06:29
過度な期待
まったくフォトン師匠の仰るとおりですね。
私はビンボーなのでそれほどフイルムの消費は多くはありませんが
ボケを生かすようなときは意識して使います。
トロトロのボケはデジタルのそれとは違いますからね。まぁ、フルサイズ
ですし。レンズはアダプター経由でデジタルと使い回しです。
マウント完全制覇ではなく、マウントアダプターはもう少しで達成です(笑)
URL | 仙人もどき #- | 編集
2010.04.04 15:27
フォトンさんへ
こんばんは!

そうですね。残念ながら、今のデジタル環境では、フィルムを100%楽しむには難しいようです。
けれど、どうしてもフィルムの方が魅力を感じるので、やめられそうもありません。

なぜこんなにフィルムが好きかというと・・・わかりません(笑)
わかりませんが、一つだけ思い当たる節があります。
フィルムの給送音、あれがカッコイイんですよね~(爆)

私はフィルムで撮る場合、マクロ以外の街撮りスナップなどでは、ほとんどF8固定にしています。曇りの日などは、F5.6も使います。
どうせスキャニングの段階で解像度が落ちて表現が変わってしまうので、あまりF値にこだわるのもどうかと思うのです。
パンフォーカス狙いでF8ばかりで撮ることを、「F8症候群」というらしいですけどね(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2010.04.04 18:49
仙人さまへ
こんばんは!
仙人さまが本当に貧乏かどうか、検証の余地はあると思いますが・・・(笑)

やはりフルサイズのボケは滑らかで、表現として使うには良い面が多いですよね。
ボケに輪郭があると、視線がそこに行ってしまうので、メインの被写体が目立たなくなることが一番困ります。

ところで、「マウントアダプター全制覇」というのも、こりゃまたスゴイことです!
要するに、「レンズ全(?)メーカー制覇」ということですから、こりゃレンズの本が書けますな(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2010.04.04 18:58

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/96-06f0ca66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード