FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Mon. 23:18:41 -edit

12

24

コンデジを買うたびに思うこと 

毎年新しいコンデジを買っては、結局満足出来ずにすぐに手放すことの繰り返し。
我ながらアホだと思います。

ところで、昨年購入したFUJIFILMのX10あたりから、コンデジの画質には目を見張るものを感じていました。
実のところ、パッと見だけでは、例えα900と比べても画質的な差異はそれほどありません。
その証拠をお見せいたしましょう。


※比較画像はだいたいの画角を合わせて撮影し、中央部分を拡大表示させています。
また、両者の画素数の違いから等倍表示の大きさが違ってくるので、XZ-2の等倍画像の大きさに合わせるように拡大しました。

_DSC3437-Edit.jpg

上の写真:SONY α900 / SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO / 28mm / F9・1/500 / ISO200 / RAW
下の写真:OLYMPUS XZ-2 / 28mm(35mm換算) / F3.5・1/500 / ISO200 / RAW

いかがでしょうか。
フルサイズと1/1.7インチのセンサーサイズの違いは、いったいどこに現れているのでしょうか?
ワタクシにはわかりませんね。

ご参考に、両者の元画像を下にあげておきます。

 ・α900元画像はこちら
 ・XZ-2元画像はこちら


_DSC3433-Edit.jpg

左の写真:SONY α900 / SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO / 55mm / F5.6・1/160 / ISO200 / RAW
右の写真:OLYMPUS XZ-2 / 58mm(35mm換算) / F2.5・1/200 / ISO100 / RAW

こちらはどうでしょう?
標識を見ると、どちらかと言えばα900の方が解像しているように思えますが、わずかな差だと思います。



_DSC3430-Edit.jpg

左の写真:SONY α900 / SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO / 55mm / F5・1/160 / ISO200 / RAW
右の写真:OLYMPUS XZ-2 / 56mm(35mm換算) / F2.5・1/250 / ISO100 / RAW

こちらの例では、よく見ると多少は画質の差があるようです。
例えば、ベルトの下部、よじれている部分などに見えるハイライト描写を見ると、α900の方が余裕があり、より細かな部分が解像しているように見えます。
とは言え、その違いはごくわずかですし、このように見比べなければ、たいていの人は違いに気がつかないレベルだと思います。
それに、現像の仕方で評価も変わってくるかも知れませんから、両者の違いは「ほぼ同等」と言ってもよろしいのではないでしょうか。


今回の比較は、ワタクシが適当にササッとやったものですので、正確性には乏しいと思います。
なるべく光がフラットな場所を選んで撮っていますし、また、両者のトーンがなるべく揃うような現像をしていますので、明確な差が付かなかったのかも知れません。
でもこのことは、逆に言えば、撮影環境と現像次第で見分けが付きにくい画像を得ることが可能、と言えるのかも知れませんね。


_C246202.jpg
【八坂北】 OLYMPUS XZ-2 / 28mm(35mm換算) / Pモード(F2.8・1/500) / ISO100 / RAW

しっとりと落ち着いた重厚な画質です。
本当にコンデジの画質なんでしょうか?


_C246206.jpg
【八坂北】 OLYMPUS XZ-2 / 56mm(35mm換算) / Pモード(F3.5・1/640) / ISO100 / RAW

雲の描写を見ると、デジイチに比べて階調の差が乏しいと感じますが、それでも一昔前のコンデジとは、明らかに画質が飛躍的にアップしています。


_C246211.jpg
【八坂東】 OLYMPUS XZ-2 / 58mm(35mm換算) / Mモード(F5・1/640) / ISO100 / 内蔵フラッシュ / RAW

これだけ画質が良いと、色々なことを試してみたくなります。
この写真なんて、アートフィルタの「ドラマティックトーン」で撮るのが面白かったかも。


と言う訳で、画質的には大満足すべきコンデジだと思います。
ええ、ハッキリそう思いますよ。。。間違いありません。。。

なんだけどなぁ・・・何か物足りないんですよ。

それが何かは分からないんですけどね(爆)
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2012年12月24日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: XZ-2  α900  SIGMAレンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

この記事に対するコメント
No title
おはようございます。
う~ん。こうして見ると違いがわかりませんね。
引き伸ばしプリントでどのくらいの差がつくかでしょうね。

むしろ記録用であればコンデジで十分かと思います。
軽い機材へ移行しようと考えていますのでこういう
作例は大いに参考になりました。
最後のお写真最高です!
URL | もんじゃ #- | 編集
2012.12.25 07:39
物足りない ?
何が物足りないかって ?
そんなわかり切ったようなことを。。。
レンズを交換できないから ?! ではないのですか(笑
ただ写真を楽しむのであれば十分でしょうけど、
カメラそのものに趣味傾向を持っていれば、
必然的な結果と思いますが。。。
ただ、私の場合はスナップ撮影を殆どしないので、
あまりデジカメの必要性を感じませんが、
いなきちさんの場合はスナップが多いから、
ちょっと鞄に忍ばせて。。。という用途というか、使い方ができますよね !
思えば、銀塩時代は、OLYMPUSのL3を愛用していたのですが、
その頃は、写真は好きでしたが、
カメラそのものには、それほど執着していませんでした。
原点に帰る必要があるかな(汗



URL | フォトン #- | 編集
2012.12.25 21:19
それはやはり
光学ファインダーの見え方・ミラーの上下動による震動とか、フォーカル
プレーンシャッターの切れのいい感触とかが「撮ったどー!」という気分
にさせてくれるからではないでしょうか。d(^-^)!

slowもいなきちさん同様、α-digital・μ4/3両システムとXZ-1を使って
いますが、写真を撮っているという満足感を味あわせてくれるのはやは
りαだったりします。

slowの原点もフィルムカメラにフィルムを入れず、空シャッターを切って
楽しんでいた事のように感じておりまする。^^
URL | slowhanded #kkwfxX3w | 編集
2012.12.25 21:43
仙人さまへ
こんばんは。

XZ-2、なかなか良いですよ。
確かに満足感みたいなものは少ないのですが、写りに関しては十分以上です。
銀塩カメラのお供としては最高だと思います。(正月はフィルムで撮ろうと決めておりま~す)
URL | いなきち #Mcc8AiAI | 編集
2012.12.29 21:05
Re:物足りない?
ふぉとんさん、こんばんは。

なるほど!
レンズ交換は大きな楽しみですものね・・・オールドレンズの話しですが(笑)

フォトンさんほどの腕があれば、機材に拘るのは当然の成り行きですが、ワタクシ程度の腕では機材を語る資格はないような気がします(涙)
今日もXZ-2をサブとして使ってきましたが、だいぶしっくり来るようになってきました。
コイツとは長いつきあいになりそうな予感・・・
あくまで「予感」ですが(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.29 21:08
Re:それはやはり
slowさん、こんばんは。

>光学ファインダーの見え方・ミラーの上下動による震動とか、フォーカル
>プレーンシャッターの切れのいい感触とかが「撮ったどー!」という気分
>にさせてくれるからではないでしょうか。d(^-^)!

仰る通りだと思います。平たく言うと、「満足感」でしょうか。

ところで満足感と言えば、このカメラ、なかなか格好がよろしいと思います。
この点ではモチベーションが上がります!(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.29 21:14

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/467-e0e61ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード