FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Mon. 20:35:12 -edit

12

10

Zeiss は要らない? 

苦労して手に入れた、SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42)
使うたびに惚れ込んでしまう、ワタクシにとっては魔性のレンズです(笑)
例えて言うなれば、まるで三十路女のような端正な匂いと、処女のごとき若草の匂いが同居しております。
うむ、ワタクシは相変わらず詩人ですな(爆)

今日、改めて街中スナップをしながら口から出た言葉は、
 「ツァイスなんて要らないのではないだろうか…」
と言う、神をも恐れぬ一言でした。

実際の所、解像感、色乗りの良さなど、ワタクシが所有しているBiogonにとても描写が似ているのです。
特に建物などの人工物を撮らせたら、恐らく見分けが付かないのではないかと思います。


_C106013.jpg
【小芝町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F8・1/320 / ISO200 / RAW


_C105997.jpg
【銀座】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F4・1/2500 / ISO200 / RAW


いかがでしょう。
ポジフィルムが如き深い色合い、そして破綻の無い先鋭さ。
何気ない光景がフォトジェニックに思えてくるのは、ワタクシだけでしょうか。


_C106002.jpg
【江尻東】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F5.6・1/1250 / ISO200 / JPEG


_C106003.jpg
【江尻東】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F4・1/1600 / ISO200 / RAW ※トリミング


一見すると現代風の写りですが、色合いが多少くすんでおり、この辺りにオールドレンズの香りを感じることが出来ます。
ま、色合いなんて後処理でなんとでもなる、と言えばその通りですけどね(笑)


それではこのレンズの真骨頂、絞り開放の写りをご覧に入れたいと思います。
一目見たら忘れられない写りです。

_C105952.jpg
【島崎町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F2.8・1/3200 / ISO200 / RAW


_C105996.jpg
【銀座】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F2.8・1/3200 / ISO200 / RAW


絞り開放では、ご覧の通り、現代レンズでは望むべくも無い独特なボケ具合が楽しめます。
F4まで絞るとこのボケは消えてしまうので、絞り開放だけで味わえるのが特徴です。

絞り開放で使う上で注意する点としては、画像の端では諸収差のせいで画像が荒れるので、メインの被写体を端に持ってくることは避けた方が良さそうです。
すぐ上の写真では、浮き上がらせたい自転車のチェーンの描写が今一つなので、ハッキリしない写真になってしまいました。(ピンずれもあるかも)
ただ、このことを逆手にとって、花などの被写体を端に配し、なるべく近寄って撮ると、被写体にソフト効果が得られ、なかなか面白い描写になります。


_C105956.jpg
【島崎町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F2.8・1/800 / ISO200 / RAW


_C105958.jpg
【島崎町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F2.8・1/1600 / ISO200 / JPEG


_C105987.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F2.8・1/2500 / ISO200 / RAW


このように、絞りを絞ればツァイス、開ければ唯一無二な描写が得られるこのレンズ。
冒頭に書いたように、もうツァイスなんて要らないのではないかと思えるのです。





「フォーサーズはレンズの美味しいところだけ取っているからじゃん」
と言うもっともなご意見は、この際無視させていただきます(爆)
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2012年12月10日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  M42レンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

この記事に対するコメント
No title
素晴らしい描写ですね!
SOLIGOR があればツァイスはいらない・・・ご尤もです。
これだけの描写能力があればスナップ撮りにはこれ一本で
行けますね。
欲しいなぁ、早速、ウオッチしなくちゃ・・・・。
URL | もんじゃ #- | 編集
2012.12.11 07:54
う〜ん !
こりゃ、素晴らしいレンズですねぇ〜 !
発色、解像度も申し分無く、透明感もあります。
私が感じているツァイスの印象とはちょっと違うような気もしますが、
十分、対抗できる描写力があるような気がします。
これが5千円前後で手に入れられるなら安いものです。
早速、オークションで探しておりますが、
Nikonマウントでは無いようですね。。。
キャノンで状態の良いレンズが出ているのですが、
どんなものでしょう ?
マウントを噛ませれば、E-M5では使えるかもしれませんが、
できればD800で使いたいものです。
と ! せっかくフルサイズレンズ沼から抜け出したと思っていたのですが、
沼に引っぱりこもうとする人がいるのですよねぇ(笑

仙人さまとヤフオクで競うことになりそう(汗
URL | フォトン #- | 編集
2012.12.11 22:43
ぶふふ。( ̄m ̄〃)
それはもうツボにはまったレンズに出会えたという
ことではないでしょうか?^^
フォクトレンダーの40mm F2なども似たような感じ
ですが、slow的には開放&近接のモヤモヤ感はあ
まり好みではないので1段程度絞る方がよさそうで
す。

確かにcosina zeissはレンズ筐体がやや大振りで
且つ重いので手軽さはありませんねぇ。(;・∀・)
URL | slowhanded #kkwfxX3w | 編集
2012.12.12 06:19
仙人さまへ
こんばんは。返信が遅くなって申し訳ありません。

確かにスナップに最適なんですが、この頃MFが面倒くさくなっちゃって(爆)
昔みたいなガラス硝材を使ったレンズ、どこかで作ってくれませんかねぇ。

SOLIGORは色々な種類があるようです。
ワタクシが手に入れたのは、M42マウントのヤツです。
他のマウントのものは、どうやら写りが違うようですよ~。
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.16 22:04
Re:う~ん!
フォトンさん、こんばんは。返信が遅くなって申し訳ありません。

上の仙人さまへのレスでも書きましたが、このM42マウントと他のレンズとは、出自が違うようです。
この写りがお気に召したなら、ぜひM42マウント沼へお進み下さい。
色々なレンズがあるので、結構深いですよ~(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.16 22:07
Re:ぶふふ。( ̄m ̄〃)
slowさん、こんばんは。返信が遅くなって申し訳ありません。

そうなんですよ~。
ワタクシの性感帯をグリッと押された感じです(笑)

この開放のモヤモヤ感が、最新レンズの描写だったとしたら、「金返せ~!」ですよね(笑)
それをわざわざ楽しむなんて、我ながら矛盾しているような感じがします(爆)
安いレンズだから心に余裕があるのですね~。
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.16 22:10

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/463-d3aebfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード