FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sun. 20:42:06 -edit

12

09

ミラーレンズ ~満足と妥協~ 

そろそろマクロの季節が終わり、野鳥撮影の季節がやってきました。
ワタクシはそれほど鳥撮りに興味はありませんが、この時期、家の周りでは他に撮るものが見つからないので、下手くそながらも毎年珍しい鳥でもいないかと、そこらを歩き回っています。

今年は焦点距離が2倍換算になるE-M5があるので心強いのですが、問題はレンズです。
ワタクシが持っている一番望遠域のレンズと言えば、タムロンのSP500。MFの500mmミラーレンズです。
古いレンズなのですが、昨年、完全オーバーホール品をビックリするほど安価で手に入れることが出来ました。

今まで何度も撮影に連れ出していますが、条件が合うと大変優秀な写りを楽しむことが出来ます。
特に、水の写りが独特であると感じており、水辺の鳥を撮るのにはなかなかステキなレンズだと思います。


_C095810.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO800 / JPEG

上の写真は、JPEG撮って出しです。
シャッター速度にも依りまが、いかがでしょうか、水の粘度を感じる写りだと思いませんか?
ワタクシはこの粘りのある水の描写が大変気に入っています。


_C095781_20121209200614.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/640 / ISO1600 / RAW


_C095829.jpg
【下野西】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO1600 / RAW


ところがこのレンズ、とても扱いづらいレンズです。
E-M5では、焦点距離が換算1,000mmにもなるので扱いやすい訳がないのですが、それにしてもピントが極めて薄いのです。恐らく、通常の500mmレンズよりも、かなり被写界深度が狭いと感じています。
ミラーレンズの場合、その機構上、通常レンズよりも被写界深度が狭くなるのでしょうか?

また、ピントの山が極めて掴みにくいのです。
E-M5のEVFでは、拡大表示しなければ、ピントはほぼ勘頼りになります。
これは、レンズのコントラストと解像度がが低いせいだと思います。

EVFの拡大表示を使えば、ピントの山はある程度分かるようになりますが、換算1,000mmを手持ちで動かないように保持するのはかなり大変です、と言うか、ほぼ無理です。
常に動くファインダの中でピントをどうにか合わせたとしても、少しの振動で最初に決めた構図が大きくずれてしまいます。
上から2番目のカモ(名前不明)の写真は、真ん中を拡大表示して鳥の顔に合わせたはずが、シャッターを押す瞬間に構図がずれてしまいました。
そうすると、ただでさえ薄いピントがコサイン誤差でずれてしまい、シャープさが急激に失われてしまいます。


_C095800.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/800 / ISO320 / RAW

このジョウビタキの写真、クリックして拡大表示で見て下さい。
テレコンを噛まして換算1,400mmの手持ち撮影と言うこともあり、ピントがずれているのがお分かりかと思います。
ただ、このレンズの場合、この程度のピンずれは大目に見ないと、ほとんどがボツ写真になってしまいます。


_C095795.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/640 / ISO800 / RAW


また、手ブレ防止のためどうしても高感度で撮ることが多くなるので、元々素晴らしく高いとは言えない解像度が犠牲になってしまいます。
このあたり、解像度重視なら、300mmクラスのレンズで撮ってトリミングした方がよろしいかも知れません。

ちなみに、今回載せた写真は全てノートリです。


_C095842.jpg
【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO1250 / RAW


_C095858.jpg
【高橋5丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO640 / RAW


_C095857.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO800 / RAW


_C095861.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO200 / RAW


このレンズは、時々ハッとするほど解像感のある写りを見せてくれます。これは被写体に依るところが大きいようです。
解像度自体はなかなかのものだと思いますが、いかんせん「線が太い」のです。
ですから、小鳥など、細かな構造物から成る被写体には、それほど適しているとは言えません。
ところが、サギなどの比較的大きな被写体の場合、レンズの線の太さが被写体とマッチして、驚くほどの解像感を得ることが出来るのです。


ざっとこのレンズの特徴を書いてきましたが、このレンズの使用感を一言で表すと「満足と妥協の抱き合わせ」と言えるようです。

マイクロフォーサーズの場合、今のところ食指が動く望遠レンズがないのが残念です。
欲しくなるレンズが出るまでは、このレンズで我慢しなくちゃ、ね。
スポンサーサイト


この記事にコメントする

2012年12月09日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: α900  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 鳥達よ、逃げるでない

△page top

この記事に対するコメント
ミラー
ここまで写れば満足ですね !
私は、ろくに使わないうちにドナドナしてしまいました。
このレンズって、こんなに良く写ったかなぁ〜 ?!
いなきちさんの腕が良いからでは ?
特にキセキレイのようにチョコマか動く野鳥をよく捉えましたね !!

マイクロでは、OLYMPUSよりもパナの方が気合いが入っているかもしれません。
12-35が人気があるようです。
100-300も、値段の割には良く写るレンズです。
ただ、どうしても欲しいレンズではないのですよね。。。
E-M5は、当分、60Macroだけでいいかなぁ〜と思っています。
当分、Nikonで手に入れたレンズで(マウントを噛ませて)遊べるし(笑
URL | フォトン #- | 編集
2012.12.10 00:07
ミラーレンズ
とてもよい写りしてますね。
とくに3枚目のお写真には見とれてしまいました。
E-M5にもEXテレコンが付いてるはずですので使ってみたら
いかがですか。画像の劣化もないですし、2000mmでも
強烈な5軸手ぶれ補正で何とかなるのでは(笑)少なくとも
テレコンかますより良いと思いますよ(ホント?)
でも動き回る小鳥には至難の技ですよねー。

それにしても身近に小鳥たちが棲んでて羨ましいです。
私のとこじゃ、カモメとトンビしかおらんのぢゃ~(泣き)
URL | もんじゃ #- | 編集
2012.12.10 05:58
Re:ミラー
フォトンさん、こんばんは。

ワタクシのレンズは完全オーバーホール品ですから、これがこのレンズの本来の写りなのかも知れませんね。

仰る通り、最近はパナの方がレンズに力を入れているようですね。噂では、ソニーから旧ミノルタの技術者が大挙して転職したとか・・・
オリも単焦点に力を入れているようですが、やはりニッパチ通しのパナ製ズームは欲しくなります。
パナの100-300は、かなり価格がこなれてきましたから、AFが効く換算600mmレンズとして買っても良いかとは思いますが、今一つ踏ん切りがつきません。
オリも単焦点にこだわるのなら、サンヨン位は出して欲しいですね!
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.10 20:39
Re:ミラーレンズ
仙人さま、こんばんは。

EXテレコンは時々試します。
要はトリミングだから、(少なくとも画面鑑賞では)画質は損なわれないとは言うものの、どうも少し画質が低下しているように感じています。
気のせいかも(爆)

ワタクシの周りは、大小合わせて川が沢山ありますから、水鳥は比較的沢山見ることができます。
仙人さまの所は海ですものね。。。
ま、ワタクシの実力では、環境を生かせていないのが辛いところです(涙)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.12.10 20:43

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/461-09c0ac1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。