FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Thu. 21:00:06 -edit

11

15

レンズが良いのか、カメラが良いのか 

※写真の下部に記述したレンズ名を間違えておりました。
 誤)OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO
 正)TAMRON 300mm F5.6 (CT-300)


TAMRON 300mm F5.6 (CT-300)
フォトンさんに頂いたオールドレンズです。

アダプトールマウント(アダプトール2の前身)のこのレンズ、製造は1979年頃からだそうです。
「頃」とはっきりしないのは、タムロンのホームページにそう書いてあったから(笑)
自社でもはっきりした記録がないほど古いレンズなんでしょうね。
1979年というと、ワタクシは高校1年生。もう30年以上前のことです。

とにかく望遠にしてはとても軽いレンズですので、気軽に持ち出せるのが○ですが、そんな古いレンズは使い物にならない、と思うでしょ?
ところがどっこい、なかなかの写りを見せてくれるんですよ。

※ぜひ写真をクリックして、大きなサイズでご覧下さい。


_B154319.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/1000 / ISO800 / JPEG

後処理で、少しだけハイライト補正とフリンジ除去をしていますが、シャープネスなどはいじっていません。
また、カメラの設定は、コントラスト:+1、階調:オート、シャープネス:標準、高感度ノイズ低減:弱にしてあります。
次のように等倍に拡大しても、とても30年以上前のレンズだとは思えないんじゃないかしら。

_B154319-2.jpg

見慣れた人がご覧になれば、少し線が太く感じるでしょうが、現行レンズと比べても立派に通用することは間違いないでしょう。


_B154034.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/800 / ISO250 / RAW


_B154262.jpg
【能島】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/640 / ISO500 / RAW


_B154272.jpg
【能島】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/640 / ISO640 / JPEG


_B154140.jpg
【大内】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/640 / ISO200 / JPEG


_B154337.jpg
【飯田町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/1000 / ISO200 / JPEG


_B154175.jpg
【飯田町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO TAMRON 300mm F5.6 (CT-300) / F8・1/1000 / ISO200 / RAW


_B154334.jpg
【飯田町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO / F8・1/640 / ISO200 / JPEG


このレンズの欠陥は、盛大にでるパープルフリンジと遠景の甘さ。
パープルフリンジは、特に逆光下では気を付けないといけません、と言うか、気を付けようがありません(笑)
フリンジのお陰でハイライトが波乱しやすいので、少々露出を抑え気味にした方が良いようです。
遠景の甘さは、致し方ないのでしょうね。最後の写真など、電線がギザギザしています。(もっとも、空気の揺らぎのせいもあるかもしれません)

さて、色々欠点はあるものの、なかなかの写りが得られたのは、オールドレンズの性能か、はたまた最新カメラの性能か。
ワタクシの見立てでは、「カメラ8割、レンズ2割」って感じでしょうか。
もう、デジカメ万歳、って感じです(笑)


最後の写真、「子供達の笑顔をうまく撮れたかな」と、久しぶりに気持ちが満たされました。
思えばこの子達が、種にもなっていない時代のレンズ。
そう思うと不思議な気がしますね。
スポンサーサイト


この記事にコメントする

2012年11月15日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 鳥達よ、逃げるでない

△page top

この記事に対するコメント
CT-300
最近、更新のペースが早くて追いつけません(汗
CT-600とは、見覚えのあるレンズてすね(笑
このレンズの良さは、レンズ枚数の少なさから来るのではないかと見ています。
ボーグのようなレンズでは ?!
さすがに逆光とかには弱いですが、
E-M5で使えば小型軽量の600mmの単焦点レンズとして使えるので、重宝すると思いますよ !
1枚目のお写真など、ドキッとしましたよ !
カメやアオサギも、とてもリアルに撮れています。
私の見立てでは、腕が5、カメラが3、レンズが2かな。。。
URL | フォトン #- | 編集
2012.11.16 00:06
Re:CT-300
フォトンさん、こんばんは。

>最近、更新のペースが早くて追いつけません(汗
お気遣いは無用ですよ~。
これから年末にかけてお忙しいでしょうから、お暇なときにちょこっと寄っていただければ嬉しいです。

なるほど・・・4群4枚構成ですから、それだけ光量低下も少なく、諸収差に目をつぶれば十分名写りなのかもしれませんね。

「腕が5」ってのは、フォトンさんじゃあるまいし、言い過ぎですよ!(汗)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.11.16 21:36

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/452-bf8402fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。