FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 22:37:40 -edit

10

13

E-M5でのフラッシュ撮影 

前回のブログでは、E-M5用のマクロフラッシュをどうするか、散々考えましたが、未だ答えが出ません。
でも、いずれにしろフラッシュは早急に必要(カメラに付属のチビフラッシュは使い物になりません)なので、とりあえず買ってみました。

E-M5と同じ時期に発売された、オリの新しいクリップオンフラッシュ・FL-600Rです。

ガイドナンバーは36(ISO100)。
ワタクシの場合、フラッシュは主にマクロ用途ですので、本当はこんな大光量は不要です。
当初、小型のFL-300Rにしようと思っていたのです。こちらは下方向に30度まで首が下がりますので、マクロにはぴったりです。
ところが、やはり小型タイプなので、残念ながらFP発光に対応していません。
花マクロで背景を広く撮る場合、背景と被写体の明暗差のバランスを取るためにフラッシュを使うことがありますが、FP発光が無いと絞りを開けることができません。これはイタイ・・・
と言う訳で、ややオーバースペック気味の中型タイプを選んだのです。

実はもう一つ、このフラッシュに決めた理由があります。
それはLEDライトの存在。

通信不能レンズ、例えばワタクシの大好きなTAMRON 52BBをE-M5に付けた場合、当然絞り込み測光になります。
クローズアップ撮影の場合は、とりあえず絞れるだけ絞り込みたい、というワタクシにとって、この絞り込み測光は大問題です。
E-M5の機能であるEVFブースト(EVFのゲインアップ)に期待をしたのですが、さすがにF11以上に絞ると、少し暗い所ではEVFが真っ暗になりお手上げ状態です。
そこで、LED発光!
これでEVF表示が明るくなり、バチピンが得られるはず・・・うしし。
なんだか楽しみになってきました。

ついでにダメ元で、純正のオフフラッシュケーブルをジャンクから1500円で拾ってきたら、これが見事に新同品だったりして、非常に気分よろしくE-M5のフラッシュ環境が整った訳です。

いそいそと出かける準備をするワタクシ。お供のレンズは何にしましょうか・・・
今日は心強いLED付きフラッシュという援軍がありますし、今まで尻込んでいた、
 TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0
の組み合わせを試すときが来たようですね。
※ちなみに、52BB→M42アダプタ→テレコン→m4/3アダプタ→E-M5、と言った構成です。


_A131288.jpg
【袖師】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F5.6 AE / ISO200

手始めに、袖師埠頭に寄港していた海王丸を、換算360mmで手持ち撮影してみました。
おぉ!かなりの描写力です。条件がよかったせいか、色収差もゼロ。
2倍テレコンの画質劣化を物ともしない52BBの実力が出ちゃいましたね~。
・・・真ん中しか使ってないから、かも(笑)


_A131310.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F3.2位 AE / ISO800 ※トリミング

久しぶりの清見潟公園に到着早々、普段ワタクシの周りではあまり見かけないヤマガラを発見。
薄暗い木々の中では、感度を上げて絞りを開放近くにするしかありません。
開放付近では、やはり少し描写が落ちるようですね。
でも、お腹の毛並みがこれだけ写れば、まあまあの成果と言ってよろしいかと。


_A131317.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F11? AE(+0.7) / フラッシュ / ISO200 ※トリミング

よ~し!ここぞとばかりに、フラッシュを試してみました。
デジカメですから、鳥に逃げられない限り設定を変えて何枚も試せます。
それになんと言ってもTTLがあるから楽ちんですね~。
フラッシュ使用にこのようなシチュエーションは想定していなかったので、ガイドナンバーが低い小型フラッシュじゃなくてよかったかも(笑)


_A131350.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F5.6?・1/125 / フラッシュ / ISO640

続いては木に群れていた昆虫を狙ってみました。
この場所は日陰になっていたので、そう、とうとう秘密兵器「LED」の出番です!
勇んでスイッチオ~ン!!・・・あれれれれ?

そうなんです、発光量をMAXにしても、思ったより明るく見えません。(被写体が黒いせいもあるのかも)
やっぱりLEDの光じゃ、あまり用をなさないのかもしれませんね(涙)
落胆のあまりISO感度を低く戻すのを忘れてしまいました(爆)

この虫、体長は1cm未満の小さな虫で、ヨコヅナサシガメと言います。
赤い色が少々不気味でした。


さて、それでは本来の目的の花マクロと参りましょう。

_A131282.jpg
【西久保】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F4 AE / ISO200

風でゆらゆら揺れる花を、無謀にもフラッシュをたかず手持ちで撮ってみました。
F4では鬼のようなピント精度が要求されますので、被写体ブレがなかったとしても、なかなか思い通りにいかないでしょうね。


_A131386.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F16?・1/200 / フラッシュ / ISO800

影を作りたくなかったので、フラッシュを微細発光させるためISO800にして露出を稼ぎましたが、それでも影が出ちゃいました。
フラッシュ撮影はなかなか難しいですね。


_A131393.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F16?・1/125 / フラッシュ / ISO800

この写真、かなりの前ピンです。
地面に近いところから液晶を見ながら撮ったので、老眼のワタクシはピントを合わせることが出来ませんでした(涙)おまけに、またまたISOの戻し忘れです(爆)
ナゼそんな写真を載せたかというと、よく見かける七変化の花も、これだけの撮影倍率(換算2倍)で撮ると、一見何の花だか分からない、と言うことが面白かったからで~す(笑)


_A131404.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F16?・1/125 / フラッシュ / ISO800

これは比較的フラッシュを上手に使えたかなぁ、と自己満足している写真です。
実際の見た目の印象とは全く違っちゃいましたが(笑)


_A131419.jpg
【清見潟公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm f2.5(52BB) + VIVITAR AUTOMATIC TELE CONVERTER x2.0 / F11?・1/160 / フラッシュ / ISO800

相変わらず彼岸花はどう撮って良いのか分かりません。
こればっかりはセンスの問題ですので、フラッシュを使おうが全然関係ありません(笑)


新型フラッシュのFL-600R。
カタログで見るより実際は小さくて軽いので、E-M5とのバランスはまあまあです。LEDは思ったよりダメでしたけどね。
また、小型化のためか操作がし難いですね。以前持っていたFL-50Rの方が、断然操作性に優れています。
まぁ、基本的な性能は優れていると思いますので、E-M5にお似合いのフラッシュ、と言うことで宜しいかと思います。
スポンサーサイト


この記事にコメントする

2012年10月13日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
ストロボ撮影
いや、見事なお写真ばかりで感服いたしました。
ノンストロボでは、海王丸が良いですねぇ〜
ストロボ撮影では、1枚目のお写真が自然に撮れていて好きです。
私は自然光撮影が好きなのですが、
実はストロボ撮影が苦手と言うこともあります。
リングやツィンを持っているのに、防湿庫のお飾りですね。。。

ED60Macroはまだ届いていないのですね !
私のOM-Dは、現在、殆どこのレンズが付けっぱなしになっています。
45mmと75mmは、値が下がらないうちに処分してしまいましたよ !
確かに素晴らしいレンズだと思いますが、
あのシルバー・ゴールドの外装に違和感を感じて、
撮る意欲が湧きません。
また、とても傷付きやすいのです。
やはりレンズはブラックかなぁ〜
マイクロのレンズは、ED60Macro1本だけになってしまいました。
あとマイクロで欲しいのはコシナかな ?!

フォーサーズのレンズがストレスなく使えるマイクロプロが出るまでは、
Nikonに浮気をしようかと思っています(笑
URL | フォトン #- | 編集
2012.10.14 15:50
フラッシュ?
影が出ても、どーってこたないじゃないですか?
影も人なりって云うし・・・関係ないっすね・・・・v-8

アッシもフラッシュではないけれどマクロアームライト「MAL-1」を購入しようかと
シンケンに考えております。
安いし(これが一番の動機)しかし、これを装着しちゃうとVF-2が使えないんです。


フォトンさんへ 
>あのシルバー・ゴールドの外装に違和感を感じて、 撮る意欲が湧きません。
全く同感です!ボディがライカならシルバーもナットクですけど(笑)
URL | もんじゃ #- | 編集
2012.10.14 16:16
No title
あ~、海王丸が来てたんですかぁ。
情報見逃してたなぁ。。。ちぇっ♪( ̄" ̄;)

slowもあまりフラッシュを使わない方ですが、
マクロリングがあると便利だよなぁと思うこと
はしばしばありました。
が、旧ミノルタのカタログを見ていると部品が
あれこれ必要そうなのを見て撤収しました。(爆)
URL | slowhanded #kkwfxX3w | 編集
2012.10.14 20:47
Re:ストロボ撮影
フォトンさん、こんばんは。

お褒めにあずかるような写真ではございませんよぉ~
汗かいてきちゃった(笑)
ストロボは嘘くささを消すことが肝要なのでしょうが、何度やってもうまくいきません。

フォトンさんはツインストロボをお持ちなのは知っていましたが、リングタイプも持っていたのですか?
どちらかを安く譲ってもらおうかしら(笑)
でも、コントローラ単体で売ってないんですよね。。。作戦失敗!

45mmはともかく、70mmも手放されたのですか?
確かに焦点距離が60マクロと被るので、いくら良いレンズでも使いどころが難しいかもしれませんね。

で、NIKONのレンズは何を買われましたか?(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.10.14 23:45
Re:フラッシュ?
仙人さま、こんばんは。

>影が出ても、どーってこたないじゃないですか?
ダメです!ワタクシは過去の影を消さねばならぬ身なので、そのクセが付いちゃって・・・

マクロアームライトって、屋外で使い物になるんでしょうか。
光量が少なすぎて、効果が薄いような気がしますが・・・

URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.10.14 23:48
slowさんへ
こんばんは。

ワタクシも海王丸が来ていることは知りませんでした。
いつも停泊する日の出埠頭ではなく、ちょっと離れた袖師埠頭に接岸されていました。
袖師埠頭は、911以降立ち入り禁止(土日はOKだったような・・・)になりましたので、広報していないのかもしれません(未確認)

E-M5用のリングフラッシュで悩んでおりましたが、実はα用のを買っちゃいました。シグマから出ているヤツです。
ことの顛末はまた後日!
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.10.14 23:52

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/430-9a08f9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。