FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 23:57:57 -edit

07

28

E-M5とタムロンアダプトールレンズ 

E-M5を使い出してしばらくして、ワタクシはブログに書きました。
E-M5はレンズを選ぶカメラ」だと。

その時は大した根拠がある訳ではなく単なる勘だったのですが、一ヶ月以上経った今、改めて感じるのはオールドレンズとの相性についてです。
ハッキリ言うと、ワタクシの好きなタムロンのアダプトールレンズとの相性が、どうやらあまり良くないようです。

特に、マクロレンズとしてかなり期待していたTAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A)の写りがよろしくない・・・これにはガッカリしています。

このレンズは、α900との組み合わせでかなり自己満足出来るマクロ写真が撮れる、ワタクシ的にはスーパーレンズなんです。
このレンズのマクロモードでの倍率は、なんと!驚きの0.65倍!ワタクシの正妻である52BBを超えています。
E-M5と組み合わせれば、等倍以上の撮影が可能。良いでしょ~!?


_DSC9815.jpg
SONY α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A)

_DSC2827.jpg
SONY α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A)

_DSC8910-3.jpg
SONY α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A)

どうでしょうか?
解像度も申し分ないですし、なにより妙に色っぽい画が撮れるのです。
(最後の赤い花びらは、S-RGB化とJPEG圧縮により色飽和していますが、元画像は素晴らしい描写です)


ところが、これがE-M5との組み合わせとなると・・・


_7282866.jpg
【飯田町】OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A) / F8・1/100 / ISO1000 / RAW


_7282850.jpg
【飯田町】OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A) / F8・1/200 / ISO640 / RAW


_7282841.jpg
【飯田町】OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A) / F8・1/200 / ISO320 / RAW


_7282873.jpg
【高橋3丁目】OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A) / F8・1/100 / ISO400 / RAW


_7282871.jpg
【高橋3丁目】OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4(23A) / F8・1/100 / ISO320 / RAW


どうでしょうか?
α900との組み合わせで得られる、艶っぽさや深い階調、なだらかなグラデーションが感じられません。
色合いも、妙にクリアで現代風になっちゃった感じです。

な~んだ、今回の写真は全体的に浅く仕上げてあるからじゃないの?と、思われるかもしれませんが、コントラストを強くしようとすると、輪郭部のグラデーションが汚くなってしまうのです。
ワタクシの後処理技術の未熟さは認めるところですが、どうにもこうにもうまく調整できないのです。
もっとも、高感度で撮っているせいかもしれませんが・・・

E-M5の画質には大変満足しているものの、ひとつだけ違和感を感じていることがあります。
それは、後処理(RAW現像)耐性が思ったより低いのじゃないか、と言うことです。
これは、フルサイズのα900と比べてのことなので、致し方ないことかもしれませんね。
α900で楽をしすぎたのかもしれません(笑)

EVFでは露出の失敗はほとんど無いとは言え、オールドレンズの場合は一般的にコントラストが低く、コーティングの稚拙さによる色の問題も多く、たとえJPEGで撮ったとしても後処理は必須と言えるでしょう。
後処理が自由に出来ないのは、ちょっと痛いなぁと思います。


少なくとも今回の23Aのように、「銘レンズ」と呼べないレンズは、E-M5との相性はあまりよろしくない・・・ような気がするんですよねぇ。
スポンサーサイト


この記事にコメントする

2012年07月28日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
タムロン
E-M5がレンズを選ぶという点に関しては、同感ですね !
E-5で素晴らしい写りだったレンズが、E-M5では今一つだったりします。
さすがに、オリンパスのレンズであれば問題ありませんが、
タムロンのレンズについては、レンズによっては写りに差があるような気がしますね !
私の場合、SP90で撮ると、どうも絵が汚くなるのです。
色分解が十分でないような感じですね。
シグマは良さげな感じです。
レンズの劣化も原因しているのでは ?! と思っています。
SP90については、今まで何本も試していますが、
個体差が大きく、なかなか状態の良いレンズに巡り逢えません。
OLYMPUSの50mm F1.4は素晴らしい描写をしてくれますが、
状態の良いレンズに当たったためかもしれませんね !!


URL | フォトン #- | 編集
2012.07.29 19:25
Re:タムロン
フォトンさん、こんばんは。
体調はいかがですか?

やはりフォトンさんも感じていましたか。

>色分解が十分でないような感じですね。

同感です。
この色の濁り、α77が時折見せる色の濁りを思い出させます。
α77はE-M5よりも彩度が高く感じますので、色の問題はより深刻でした。
ひょっとして、ソニーセンサーの特徴??

ワタクシの52BBは、かなりの良品だと思っていたのですが、ひょっとしたらE-M5になって本来のレンズの性能が露呈したのかもしれません。
でも・・・α900とは相性抜群なのですよ・・・

よく分かりませんね(笑)
URL | いなきち #Mcc8AiAI | 編集
2012.07.29 21:19
No title
露出がOM-Dのほうが明るめですね。ちょっと露出アンダーにしたら色が出るんじゃないですか?フィルムだとその特性によって、常にアンダーにして色を出すためにフィルム感度設定を実際の感度より半段多角設定して使ったりしますが、デジタルの場合レンズに応じた適正露出がある気もします。
URL | 野次馬の勝手な放言ですが #- | 編集
2012.09.06 08:49
Re:野次馬の勝手な放言ですが
こんばんは。初めまして。
コメント&アドバイス、どうもありがとうございます。

仰るとおり明るめ、と言うか、シャドーを持ち上げてコントラストを浅めに仕上げてあります。
本文中に書いたとおり、コントラストを付けると花びらの境界など色が変わるところが滲んで汚くなってしまうのです。部分補正などを使えば仕上がりもましになるのでしょうが、趣味の時間にそこまでやる気がしないのです(笑)

どうも中途半端な解像度のレンズを使うと、シャドー部や色の境界部分の描写が乱れるように感じています。
このあたり、もう少し検証が必要ですが・・・

よろしければ、またご意見やアドバイスを頂けますと嬉しく思います。
ありがとうございました。
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.09.08 22:15

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/403-4d2bdca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。