FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 18:51:54 -edit

06

30

待望の手ブレ補正 

オールドレンズを使うとき、手ブレ補正が効くならば、これほど嬉しいことはありません。
特に300mmを超える超望遠域では、手ブレ補正なしでの手持ち撮影は、よほど天気が良くないと厳しいものがあります。

今日はやや曇り空の下、OM-D導入で一番期待していたタムロンのミラーレンズと、ワタクシの正妻である52BBを試してきました。


いつもの山原川に着き、まずはカワセミを探しましたが、時間帯が悪かったのか見つからず、しばらくうろうろしていたら、カワラヒワの幼鳥を見つけました。
すばしっこく動き回る雛を、換算1000mmのファインダに納めるのは至難の業。
数枚シャッターを押すのが精一杯でした。

_6300976.jpg
【高橋5丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 / F8・1/400 / ISO200 / RAW

さすがにピンぼけに加え手ブレもしているようですが、手持ちで小鳥をこれほど大きく撮れれば満足するところでしょうか。
一脚を持ち出せば、もう少しましに写せるでしょうね。。。多分持ち出さないケド(爆)


続いては、えさを採るのに夢中になっていたコサギ。
注意力散漫のため、かなり近くまで寄ることが出来ました。

_6301054.jpg
【天王南】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 / F8・1/500 / ISO200 / RAW

_6301096.jpg
【高橋5丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 / F8・1/640 / ISO200 / RAW

_6301006_20120630181235.jpg
【高橋5丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 / F8・1/250 / ISO200 / RAW


サギは鳥の中では大きな部類とはいえ、これだけ大きく写せるのは感激です。
ちなみに、トリミングはしていません(3:2や1:1で写すこと自体、すでにトリミングですけどね、笑)

サギのカットは全部で100回ほどシャッターを切りましたが、まあまあ使えると判断できたのは40枚程度。
少ないとお思いかもしれませんが、実はこの数字、ワタクシのスキルを考えれば驚異的な数字です。
手ブレ補正の効き具合には、ホント、ビックリさせられます。
このレンズの場合、シャッター半押しでピタリと止まる、というのは明らかに言い過ぎですが、それでも感動するほど像が安定します。

ただ、この軽い超望遠レンズを使うには、カメラ本体が軽すぎます。
本当はもう少し重いレンズの方が手ブレ抑制には有利だと思いますが、せめてカメラを重くして、左手もレンズの根元を持つようにした方が良いかもしれません。
今日は縦グリにバッテリを1つだけ入れていきましたが、今度からこのレンズを使うときは、レンズとの重量バランスは崩れるけれど、バッテリを本体にも入れ、計2つにしてみようと思います。


続いて、正妻のTAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB)で花も撮ってみました。

_6300928.jpg
【高橋1丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F2.8・1/640 / ISO200 / RAW

_6300938.jpg
【高橋1丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F2.8・1/2000 / ISO200 / JPEG(i-Finish)

_6300939.jpg
【高橋1丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F2.8・1/2500 / ISO200 / RAW

やっぱりイイですねぇ、52BB。
2号さんのシグマ150マクロも素晴らしいけれど、安心感はこちらの方が上ですね。


_6300946.jpg
【高橋1丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / ?? / ISO200 / RAW

_6300958.jpg
【高橋1丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / ?? / ISO200 / JPEG(i-Finish)

アジサイの花も、雨に打たれて大分痛んできていますね。
綺麗な花の方が写真に撮るには都合が良いけれど、別に痛んだ花だって生きてるんですから、いいじゃありませんか、と思う。


_6300956.jpg
【高橋3丁目】  OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F4・1/160 / ISO200 / RAW

OM-Dの新センサーはソニー製だという噂がありますが、赤い色が綺麗に出るように感じています。
この大きさの写真では良く分からないかもしれませんが、飽和しやすい彩度の高い色も、細部がつぶれずに良く描写されています。
解像度も非常に高く、画質的に不満を感じることは無いんじゃないでしょうか。


梅雨時のつかの間の晴れ間。
十二分に楽しめました。

やはり手ブレ補正に焦点入力ができるのは、ソニーにはないオリンパスの大きなメリット。
しかもEVFにしたお陰で、シャッター半押しでファインダ像のブレが止まる。
オールドレンズを楽しむには、今のところOM-Dがベストなカメラかもしれませんね。
スポンサーサイト


この記事にコメントする

2012年06月30日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
オールドレンズ
楽しまれたようですね !
お写真を見ると、よくわかります。
カワラヒナやコサギなど、実にリアルに撮れていると思いますよ !
SP500はピントが薄いし、焦点距離が大きいので、
E-5でもなかなかジャスピンの写真が撮れません。
成功率は5割増しだと思います。
SP90も良いですねぇ~
52BBというと、F2.5のハーフマクロのほうですよね !
写りは素晴らしいレンズなのですが、
OLYMPUS・フォーサーズで使うと、アダプタの関係か、
絞りがF8までしか絞れず、
結局、諦めてF2.8の等倍にした経緯があります。
ちょっと確認して頂けないでしょうか ?
もし、絞りに問題が無ければ、また手に入れたいレンズです。

いずれにしろ、オールドレンズでこんなに良く撮れていいのかな ?!
なんて思ってしまうほど、このカメラ・OM-Dとの相性は良いですね !
是非、楽しんで下さい。
URL | フォトン #- | 編集
2012.07.01 12:41
Re:オールドレンズ
フォトンさん、こんばんは。
ええ、楽しんでおりますとも(笑)
でも、SP500は楽しみと同時に苦労も多いですねぇ。
E-M5の手ブレ補正があればこそ、まあまあ楽しめるのかと思います。

絞りについて、絞り込まれない現象はワタクシも確認しております。
どうやら、絞れるときと絞れないときがあるようなんです。
このタイプのレンズは開放測光に対応するため、レンズマウントにバネがあり、そのバネを押し込むことで指定の絞り値まで絞り込みます。
どうやらアダプタによるバネの押し込みが甘いようで、時々絞り込みが効かなくなります。(もしくは、バネの劣化かも)
絞り込まない場合は、軽く鏡胴を叩くと絞り込んでくれます。
幸いE-M5はEVFなので、絞り込んでもSSが変わらなければ上の現象かどうかが分かりますから、まあイイかなと思っています。

ちなみに、ワタクシの場合、安いマウントアダプタを使っているせいかもしれません(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2012.07.01 21:49

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/385-a6c92a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。