FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sun. 22:03:39 -edit

02

05

カモメのジョナサン 

その昔、「カモメのジョナサン」という小説がありました。
おぼろげな記憶を掘り起こすと、恐らく何百冊もあったであろう父親の本棚からこの本を見つけ出したのは、ワタクシがまだ小学生の高学年の頃。
何となく表紙に惹かれ読み出したものの、どうにも読み進まなかったことを覚えています。

「主人公のカモメが飛ぶことに使命感(快感だったかな?)を覚え、寝食を忘れて飛び回った挙げく、仲間から変人扱いされた」ってあたりまでは覚えているものの、その後の粗筋はすっかり忘れてしまいました。確か哲学的な展開になって、よく分からないので読むのを止めてしまったのですよ。

昨日の清水港。
飛び回るカモメを見ながら、唐突にそのようなことを思い出したのであります。


_DSC2314.jpg
【清水魚市場】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / RAW


_DSC2317.jpg
【清水魚市場】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F5.6 AE / ISO100 / RAW

ありゃ?
これ↑はトンビだった(笑)


_DSC2420-2.jpg
【清水魚市場】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F16 AE(+0.3) / ISO100 / JPEG


_DSC2410.jpg
【愛染町】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F8 AE(+0.3) / ISO100 / JPEG ※スマートテレコン×2


_DSC2118.jpg
【真砂町】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / JPEG


_DSC2449.jpg
【飯田町】 SONY α77 / TAMRON SP 70-300mm F4-5.6(A005) / F7.1 AE / ISO400 / JPEG



「カモメのジョナサン」
今読んだら、最後まで読めるだろうか。






スポンサーサイト




この記事にコメントする

2012年02月05日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: α77  TAMRONレンズ  SIGMAレンズ 

カテゴリ: 清水港探索

△page top

この記事に対するコメント
私も…
カモメのジョナサン…私も読んだ記憶がないです。妻曰く、悲しい話だよねぇ~と。
最近はまったく本を読んでいないし、読んでみようかなぁ~。
URL | 猫太郎 #- | 編集
2012.02.05 23:01
ジョナサン
私は何度も読みましたよ !
映画も見ました。
飛ぶこと(スピード)だけが大好きなカモメが、
最後には、意思の力だけで瞬間移動できるようになり、
高次元のカモメになるストーリーだったと思います。
ちょっと宗教がかった内容ですが、ニューエイジの世代に受け入れられましたね。。。
私も跳びたい(笑
URL | フォトン #- | 編集
2012.02.06 20:27
読みましたね、学生時代
薄い本でした。当時の人気記作家・五木寛之翻訳ということで読みましたが、つまらぬ「小説」、と思ったのでありました~。フォトン師匠のようには内容も憶えておりません凹♪
URL | アムゼル #S/NbrHps | 編集
2012.02.07 05:55
Re:私も…
猫太郎さん、こんばんは。

お互いお忙しいと、なかなか本を読む機会がないですね。
休日に本を読もうとしても、天気が良いとついつい外に出かけたくなりますし。
家にいても、そろそろお子さんがうるさくなる時期でしょうか?(笑)
ま、「幸せの騒音」ってやつですね!
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.02.08 21:18
Re:ジョナサン
フォトンさん、こんばんは!

フォトンさんの年代は、このような小説がはやった時代でしょうか?
「高次元」のカモメって、仙人さまのような感じでしょうかねぇ(笑)
ワタクシもあやかりたいですヨ!
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.02.08 21:20
Re:読みましたね、学生時代
アムゼル先輩、こんばんは!

え?五木寛之が翻訳したのですか!ちょっとビックリです。
ワタクシの時代の片岡義男のように、いわゆる流行り物だったのでしょうかねぇ。
「小説」に括弧が付いていることで、アムゼル先輩のお気持ちがわかりましたよ~
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2012.02.08 21:23

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/323-ab85620b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード