FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Tue. 21:42:32 -edit

12

20

確かに良く写るが… (その1) 

最近手に入れた、TAMRON SP 70-300 F4-5.6 Di USD(A005)

評判の通り、確かに良く写ります。

α77とのペアでは、システムとしての軽さが大変ありがたく、散歩に持ち出すのに躊躇しないところがよろしいのです。


_DSC0762.jpg
【北脇新田】 SONY α77 / TAMRON SP 70-300 F4-5.6 Di USD(A005) / 300mm + スマートテレコンx2.0 / F5.6 AE / ISO100 / JPEG


_DSC0807.jpg
【能島】 SONY α77 / TAMRON SP 70-300 F4-5.6 Di USD(A005) / 300mm + スマートテレコンx1.4 / F5.6 AE / ISO250 / JPEG

α77のスマートテレコンを使えば、画質劣化なしに大きく写せるし、解像度も安価なレンズとは思えないほど高いのです。


_DSC0844-Edit.jpg
【高部みずべ公園】 SONY α77 / TAMRON SP 70-300 F4-5.6 Di USD(A005) / 90mm / F8 AE / ISO200 / RAW

このレンズの欠点は、マウント近くにあるAM/MF切り替えスイッチ。
このスイッチが非常にチープでして、少し触れただけで簡単に切り替わってしまいます。
この写真を撮ったときも、知らずにMFになっていて、それと気づかず撮ったものです。
ちょっとピントが甘いのはそのせい。

ま、気づかなかったワタクシにもビックリですが(笑)、


このレンズ、ここ数日色々試してみて、おおむね満足しているのですが・・・
何と言うか、ちょっとワタクシには合わない感じがします。
それはこのレンズがどうのと言うわけでなく、やはり長焦点レンズとワタクシの相性のようです。

ワタクシはやはり望遠よりも標準域、標準域よりもマクロ域、という感じで、望遠に対する意識があまりないのですね。
先日カワセミをラッキーだけで撮ったときは感動しましたが、一晩寝たら興奮も冷めてしまいました(笑)

と言うことで、最近のお気に入り、タムロンの180マクロです。


_DSC0876.jpg
【天王町】 SONY α77 / TAMRON SP 180mm F3.5 MACRO(B01) / F3.5 AE / ISO200 / RAW

_DSC0889.jpg
【飯田町】 SONY α77 / TAMRON SP 180mm F3.5 MACRO(B01) / F3.5 AE / ISO200 / JPEG

_DSC0895.jpg
【高橋1丁目】 SONY α77 / TAMRON SP 180mm F3.5 MACRO(B01) / F3.5 AE / ISO200 / JPEG


うん、やっぱり素晴らしいですね。

ただし、AFが非常に遅く、花びらなどではなかなか合焦しないので、結局MFを多用することになります。
ピント合わせは大変ですが、それに見合う価値はあると思います。

でもねぇ、α77との組み合わせでは、昨日ブログで述べた「色・艶」をあまり感じないのですよ。
カラッとした爽快さは感じるんですけどねぇ。
これが「デジタル臭い」って言うんでしょうか。

で、α900との組み合わせはどうかというと・・・
続きは明日っ。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2011年12月20日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル: 写真

タグ: α77  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 巴川散策

△page top

この記事に対するコメント
α77
最近、α77をお持ちの方が増えて来たので、
α77で撮影した写真を見る機会が多くなりましたが、
全般的にとてもクリアでキレイな作品が多いという印象でした。
いなきちさんの作品もそんな印象を受けるのですが、
これを良しとするか、なにか足りない・犠牲にしていると見るかは、
その人の感性でしょうね。。。
私は、かつてのオーディオブームの時の特性競争をイメージしてしまって、
最近のデジイチはどうも付いて行けません。
URL | フォトン #- | 編集
2011.12.22 19:20
Re:α77
フォトンさん、こんばんは。

そうなんです。妙にクリアなんですよ。
WBが正確すぎるのかどうかわかりませんが(笑)、画作りが濁らない傾向なんでしょうかねぇ。

考えてみれば、そのような写りを欲する時の選択しになるのですね。
問題は、そのような晴れ晴れしい気分が一向に訪れないワタクシなのでありますよ(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2011.12.23 21:50

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/299-b325ef40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード