FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sun. 17:29:36 -edit

12

11

α77の使い途 

第一感としては、その操作感がきびきびしていないため、いまいち期待外れと思っているα77

それでもワタクシ、実はこれだけできればイイと思っていることがあるのです。
その点を検証してきましたが、結果として大満足、とは言いすぎですが、多少の不満はあるものの、ワタクシにとって大変有益なカメラだとわかりました。

それはなにかと言いますと・・・「オールドレンズとの相性」なんです。

相性と言いましたが、別に画質のことではなく、露出の安定性のことなんですね。

実はワタクシのメイン機、α900にオールドレンズを付けた場合、AEで撮っても露出が安定しないのです。
具体的には、絞りを絞れば絞るほど極端なオーバー露出になってしまうのです。

通信不能レンズの場合、絞込みTTL測光になるので、特に問題なく露出が合うと思っていたのですがさにあらず。
その訳をいろいろ考えてみたのですが、測光センサーの位置がペンタ部にあることが関係していると思われるのですが、結局明確な答えは出ないでいます。

そこで、α77
こいつの測光は、多分センサーで行うタイプ。(確証はないけれど…)
ということは、さすがにオールドレンズでも露出が合うのではないかと思ったのです。
万が一AEがおかしくても、EVFではすぐわかるはず。

ということで、勇んで出かけてみた結果は・・・

大正解!
AEはバッチリ正しく機能します。
やったね!!


DSC00289.jpg
【八坂北】 SONY α77 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F4 / 1/200 / ISO200

ワタクシの大親友、52BBであります。
ピントが甘いのはいつもの通りなのですが、EVFは思ったよりもよく見えます。α55とは雲泥の差。
ただし、コントラストの低い細かなテクスチャ(花弁など)には、拡大しても合わせるのが難しいですね。この辺りはα55と大差ないようです。


DSC00326.jpg
【八坂東】 SONY α77 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F2.5 / 1/400 / ISO200

色合いは自然で、概ね好感が持てます。
でも、後処理でコントラストを上げるなどの彩度が上がる処理をすると、青い空の色がいきなり不自然に濃くなります。
この画像もコントラスト調整の結果、かなり気持ちの悪い色になりましたので、青色系だけ彩度を落としてあります。


DSC00315.jpg
【八坂東】 SONY α77 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F2.5 / 1/640 / ISO200

どうやらα77は、SP90の滑らかなボケ味を殺してはいないようで一安心です。
この写真でも、花弁のハイライト部の輪郭が実に綺麗に出ています。

でも・・ワタクシがα900で常々感じていた、赤系の色飽和が厳しいのは相変わらず。
SONYの特徴なんでしょうか?


DSC00329.jpg
【高橋1丁目】 SONY α77 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F2.5 / 1/80 / ISO200

やっぱりSP90の写りは格別ですね。
柔らかなものが素直に柔らかに写ること、これに尽きます。

それにしてもこの時期の花、綺麗な個体が少ないなぁ。


DSC00291.jpg
【八坂北】 SONY α77 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F2.5 / 1/500 / ISO200

新タイプのバリアングル液晶も、なかなか使い勝手がよろしいです。
背面液晶のピント拡大はEVFとは比較にならないほどよく見えますので、手持ちで撮影でも思っていた以上に使えます。


α77は、相当画像処理(ソフト処理)をがんばっている様子。
そこそこのレンズでも綺麗に写ることを目指したように感じます。
そうでなければ、この画素数増大はなかったでしょうね。

半面、画像処理をかけたが故のもろさもチラホラと見えます。
例えば、後処理に対する耐性が少ない点。たとえRAWで撮ったとしても、少しの後処理でボロが出てしまい、画像が破たんしてしまいます。この辺りはα900の圧勝です。

またα900と比べると、必要な露出補正の幅が広すぎる気がします。
ワタクシの場合ですが、α900で露出補正をかける場合、±1段以内で収まる場合がほとんどなんですが、α77は平気で2段程度の補正が必要となることが多いです。
ま、これは、α900が特殊なのかもしれませんね。


と言うことで、α77には言いたいことがたくさんあるものの、オールドレンズでAEが効くという、実にありがたい検証が得られたのであります。
逆光時などの画質はα900に一歩譲らざるを得ませんが、概ね満足できる画質です。

防湿庫に大事に保管されているタムロンのオールドレンズたち。
α900よりも気軽に使えることから、今後の出番が増えそうです。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2011年12月11日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

タグ: α77  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
なるほど!
タムロンオールドレンズ群のためだったのですか!!。またまた予想外でした。α77の欠点はいろいろとあるみたいですが、私は仕事柄?なのか長所を重要視するので、今のところ不満はないです。ところで16-50mmF2.8SSMはお手元に届きましたか?。
URL | 猫太郎 #- | 編集
2011.12.11 22:36
なるほど  2
タムロンのオールドレンズを生かすカメラですか ?!
α77に俄然興味が出てきましたよ。。。
今回のお写真は、タムロンの性格をよく出していると思います。
自然な発色と柔らかい描写が凄くマッチしていますね !
私も今、少しずつタムロンのレンズを買い集め(買い戻し)ています。
先日手に入れた52BBは(少し状態が悪かったので)手放しましたが、
先週、SP28-80を格安で買い戻しました。
このブログを参考にして集めようかと思っています。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3902/photo/c_zoom.html
次はSP70-210 F3.5でしょうか ?!
あの写りが忘られません。
http://photonz.exblog.jp/9299833/
URL | フォトン #- | 編集
2011.12.11 23:00
猫太郎さん
こんばんは。

そうなんです。α77は、オールドレンズ専用カメラとして活躍する予定です。

>私は仕事柄?なのか長所を重要視する
さすがは猫太郎さん。人間の出来がワタクシとは違います(マジ)
ワタクシの場合、雑誌などの提灯記事に期待感を膨らませすぎたようです(涙)

16-50/2.8は、予定通り先週の金曜日に送られてきました。
まだちょっとしか使っていませんが、F4でも丸ボケが綺麗でしたね。
買ったものの、多分出番は少なそうです。
だって、雨の日専用レンズですから(笑)
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2011.12.12 22:01
フォトンさん
こんばんは。

>α77に俄然興味が出てきましたよ。。。
なぬ?ついにフォトンさんもαに来ますか!?
オリと2台体制というのも良いかと!でも、どうせなら来年?のα99の方がフォトンさんにはお似合いかと。

52BBは残念でしたが、タマは豊富にあるようなので、またそのうちに!
タムロンレンズのコレクションは、単なる回顧主義と違ってちゃんと実用できるのが良いですね。
教えていただいたブログ、なかなか面白そうですね。
ワタクシがタムロンレンズの参考にしているのはここです↓
http://www.adaptall-2.org/lenses/SP_Adaptall-2_LensIndex.html
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2011.12.12 22:05
タムロン
いなきちさんが参考にしているホームページを見ました。掲載されているレンズの内、6本が私の防湿庫にいました(笑。 私のお気に入りベスト3はSP70-150mmF2.8SOFT、SP180mmF2.5LD、SP17mmF3.5(51B)です。180mmのボケは最高ですよ。
URL | 猫太郎 #- | 編集
2011.12.12 23:25
Re:タムロン
猫太郎さん、こんばんは。

なぬ?6本もお持ちですか!
しかも、ワタクシのあこがれ、SP180をお持ちですね!うらめしい、じゃなくて羨ましい。

ちょっと前にヤフオクに記念モデルの美品が出ていたのですよ。
確か9万円位だったと思いますが、ウオッチリストには入れたものの、さすがにポチる勇気はありませんでした。
個人所有のコレクション品だったようで、機関の質がちょっと引っかかったってのもあります。
いずれは・・・と思っているんですがねぇ。
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2011.12.13 21:44

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/293-726da3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード