FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Tue. 22:59:42 -edit

10

25

そろそろ望遠の準備を 

今日も日中は汗をかくほど暑かったですね。
でも明日からは涼しくなるそうで、そうなると街撮りのメイン被写体である「花」の種類がぐっと減って、仕方がないので鳥を狙うことになります。

とは言えヘタレのワタクシ故、望遠レンズを運用する自信は全くありません。
そもそも、バカでかいレンズを付けて近所を歩けば、通報される確率がひじょ~に高くなります。
なので、日頃は全くと言っていいほど長尺は持ち出さず、防湿庫の肥やしと化しています。

さあ、レンズを取り出し、滅多にしない掃除をし、冬の到来に備えましょうか。


_DSC5983.jpg
【高橋2丁目】 α900 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5.6 AE / ISO200

_DSC6349.jpg
【清水魚市場】 α900 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5.6 AE / ISO200

RXP-dn2-023-015.jpg
【美濃輪町】 α-7 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / FUJI RXP

RXP-dn2-023-020.jpg
【美濃輪町】 α-7 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / FUJI RXP


全然関係ないのですが、ISO400のポジフィルムはデジタル調整が大変難しいですね。
一般的なスキャニングでは、シャドー/ハイライトに少し余裕を持たせて(つまりコントラストを浅く)取り込みますが、どうやら高感度のポジではスキャニングのパラメータでしっかりとコントラストを上げておいた方が良いように感じます。
後処理でコントラストを上げようとすると、粒状がより目立ち、色ノイズも増えます。
いずれにしろ、低感度のフィルムより大幅に調整幅が少ないため、露出をシビアに決めておかないといけないようです。

ま、ワタクシの腕では露出云々より、銀塩で手持ち長尺を扱おうとするのがそもそもの間違いかと・・・残念っ。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2011年10月25日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: α900  SONYレンズ 

カテゴリ: 鳥達よ、逃げるでない

△page top

この記事に対するコメント
高感度フィルム
α900でお撮りになった写真もなかなかですが、
銀塩の1枚目、カモメの写真が良いですねぇ~

ところで、偶然かと思いますが、
私も先日、ISO400のポジフィルムを初めて使いました。
たまたま行きつけの店でポジはプロビア400しか置いていなかったので。。。

早速、新しい銀塩カメラで撮影しました。
50 F1.4の標準レンズで撮影したのですが、
感度を400に変更する際に露出補正をプラス1.0に誤って設定してしまい、
明るく撮れてしまいました。
勿体ないので、フォトショップで調整したのですが、
粒状感も少なく、自然な発色になったのにはビックリしました。
思い切って、露出をプラス0.6~1前後で撮影して、撮影後に調整するのも面白いと思いました。
URL | フォトン #- | 編集
2011.10.26 21:30
Re:高感度フィルム
フォトンさん、なるほど!です。
私の経験では、RXPで暗めの露出で撮ると、白い部分の粒状が目立ち、後処理で持ち上げると汚くなってしまうのです。ですので、仰っているプラス補正は試してみる価値が多いにありそうですね。
ISO100のポジでは、一般的にハイライト基準で撮ることが多いので、ちょっと盲点だったかも知れません。
先程、久しぶりに愛機α-7を取り出してみたら、ナゼかRXPが入っておりまして、途中まで撮った形跡が(笑)いつ撮ったのか全然記憶にありませんが、ちょうど良いので近々試してみますね。
URL | いなきち #3obCviS2 | 編集
2011.10.27 22:48

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/272-ec178fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード