FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Mon. 20:42:14 -edit

11

02

失敗写真、披露つかまつり候 

先日このブログで、ブログを始めた理由の一つに、多少の失敗写真は恥を忍んで見せられるから、と述べました。
いなきちには珍しく、有言実行!ということで、「なんとなく捨てられない」「おしぃ!と自分では思う」写真を、今日は見て頂きたいと思います。

失敗写真は数あれど、厳選に厳選を重ねた結果の3枚です(笑)
期せずして3枚とも、鳥の写真になりました。


20081101-1.jpg
【巴川橋付近】 Olympus E-3 / ZD ED 50-200 SWD

まず1枚目は、望遠レンズで飛び立ったダイサギを流し撮りした写真です。
先ほどから「こんなもの、見せるな!」という声が、そこかしこから聞こえますが、無視させていただきます(笑)
ご覧の通り、弁解の余地がないほどのブレ三昧。ピントがあっているかさえわかりません(笑)
EXIFを見ると、焦点距離183mmで1/30(F5.6)、ISOは500です。
ISOが中途半端ですが、オートだともう少し上がるはずですから、多分マニュアル設定だったのでしょう。
もちろん私の腕の無さが表れている写真ですが、流し撮りするにはちょっとシャッター速度が遅すぎましたね。

この写真のどこが惜しいかというと、右側に見える飛沫が躍動感にあふれていて、大変カッコイイ!(と思う)
あと、背景の濃い緑がとても私好みで、飛沫を生かした構図も珍しく納得してます。
あ、構図はたまたまですが(爆)
残念ながら飛びモノは、私には難しいようです。
まだまだ修行が足りませぬ。


20090102-2.jpg
【巴川橋付近】 Olympus E-3 / ZD ED 50-200 SWD

この写真も飛びモノです。
背景が少し汚いですが、50-200の望遠端でこれだけ撮れれば、私的には大満足。
ピントは合っていませんが、このような写真はイメージが大事なので、この写真の場合、私は全く気になりません。
右下の光の入り方も満足。

でもねぇ、いかんせん白トビしているのですよ、一番大事なところが・・・
自分自身、ちょっと許せないところです。

20090108-2.jpg
【巴川橋付近】 Olympus E-3 / ZD ED 50-200 SWD

最後はお気に入りの一枚まで、あとわずか1cmといったところ(笑)
自分では、シルエットが美しいなと思うのですが、真ん中のゴイサギの大事なお顔に、枝がかぶっているのです。
これさえなければ、、、そうでもないかしら?(爆)
ちょっと雑然としすぎですかね??

まだまだ失敗作はたくさんあります。
今回は自戒の意味も込めて皆さんに見て頂いていますが、まあ、本当に写真は難しいですね。
偶然を期待する今の撮り方、次なる進歩はいつの事やら・・・
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2009年11月02日| Comments(8)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

カテゴリ: 巴川散策

△page top

この記事に対するコメント
いえもう素晴らしいですよ
言い訳が、ね。♪

それにしても確かに惜しい!というものがありますね。しかしちゃんと自己批評されているところもまた結構、ゆえに向上する可能性をキープされておられますよね。こっちも見習わなくっちゃ。(・w・)V
URL | アムゼル #S/NbrHps | 編集
2009.11.03 02:26
いえもう素晴らしいですよ
言い訳が、ね。♪

アッシはこういう場合、合成という姑息な手段を断行します。
URL | 仙人もどき #/g.OSB7E | 編集
2009.11.03 07:07
アムゼル先輩へ
こんにちは!
どうも自分で撮った写真というのは、良い面も悪い面もわかりづらいものがある故、慧眼の諸先輩方のお声を聞きたかったのでございます。
人の写真ばかりでなく、自分の写真を「観る」目がほしいいなきちでした。
URL | 言い訳こき僧 #- | 編集
2009.11.03 12:07
仙人さまへ
こんにちは!
最近は面倒くさくて合成なぞ致しません。
・・・よくよく考えたら、合成材料になり得るちゃんとした写真がございません!(涙)

今日は今から、リベンジに鳥を撮りに行ってきます。
出来れば同時に鳥を取って、肴にいたしとう存じます。ウシシ!
URL | 言い訳こき僧 #- | 編集
2009.11.03 12:11
いえもう素晴らしいですよ
言い訳が、ね。♪
とは申しません(笑)

私も失敗と試行錯誤の繰り返しです。
ただ一つ、アドバイスとして、
気に入ったシーンは、可能な限り色々な角度とF値・SSで撮るべき
でしょう ! 連写ではなく、微妙に位置や設定を変えて撮るのです。
(私はオートブラケット撮影というものは使ったことがありませんが)
トビモノは難しいかもしれませんが、3枚目のお写真などは、ほんの少し
右側に位置をずらせば枝が被らなかったかもしれません。
撮った時はわからなくとも、後から現像して判明することがあります。
それから、トビモノの流し撮りは絶対にうまくいかないと思いますよ !
特に望遠の場合は失敗します。置きピンのような撮り方しかないと思います。
位置を予測して待ち構える撮り方ですね !

偉そうなこと言って、スミマセン !
URL | フォトン #- | 編集
2009.11.03 19:13
フォトン大師匠様
こんばんは!
急に寒くなりましたねぇ。
静岡でこんなに寒いのだから、そちらはもっと寒いのでは?
お体お大事に!

諸先輩方の厳しくも優しいお言葉の数々、感激で~す!
水辺はハイライトとシャドーが混在しているので、露出での失敗が多いんですね。
それも銀塩で撮ろうと思った理由の一つなんです。

鳥が飛んでいるところは、ほとんど連写を使っています。
飛びモノで置きピンは、指標がない場合、私にはちょっと難しいですね。
最後の写真は、小枝の存在に撮ってる時は全く気がつかなかったです(笑)

フォトンさんや仙人さまの飛びモノを拝見すると、技術・経験の差を思い知らされます。

貴重なアドバイス、ありがとうございました。
URL | 超言い訳こき僧 #- | 編集
2009.11.03 20:40
トビもの
いえいえワタクシめはまだまだ未熟者でごぜぇますだに。
フォトン大師匠さまの真似ッ子をしているだけだに・・・・(爆)
URL | 仙人もどき #/g.OSB7E | 編集
2009.11.04 10:06
超ウルトラ仙人さま
な~にを仰いますか!
仙人さまの技術と経験は、我々すべからく認めるところざます。
なんたって、何千年も生きてるんでしょ??(笑)

冗談はさておき、最近の仙人さまの飛びモノ傑作選を見るに、こりゃいなきち、逆立ちしても敵わないとフンドシ、じゃなくてシャッポを脱いだのでございます。
マジでんがな!
URL | いなきち #- | 編集
2009.11.04 22:57

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/23-0ea01cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード