FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sat. 22:44:37 -edit

06

04

α900 + TAMRONオールドレンズ 

随分とご無沙汰してしまいましたが、数ヶ月ぶりにブログ復活です。
この間、写真を撮っていなかった訳ではないのですが、公私共々色々な事があり、ブログ更新が面倒くさくなっちゃって(笑)
これからはまたバシバシと駄作をアップしていくつもりですので、よろしくお願いしま~す。

久しぶりのブログなので、ネタは何にしようかと思ったのですが、休んでいた間に手に入れたレンズを紹介しようと思います。
第1弾としては、期待度200%で手に入れたTAMRONのMFオールドレンズから行くことにしましょうか。

新オールドレンズ(笑)は、
 ★TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.4 BBAR MC (23A)★
で~す。

さっそく最短距離(1.9m)からのテレマクロを。。。

※サムネイルでは眠く見えますので、ぜひ拡大してご覧ください。

_DSC9026-2.jpg
【高橋公園】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F4 / 1/400 / ISO200

_DSC8799.jpg
【高橋公園】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F4 / 1/1250 / ISO200

コントラストが低いので後処理は必須です。
やさしい描写はタムロンのお得意とするところですね。(まだコントラストが低いだけだったりして)

しかし、重い・・・ 約900gが腕にのしかかります。α900の手ぶれ補正は焦点距離を入力できないので、効きは今一つ。必然的にピントも甘くなります。
でも軽いレンズだと自尊心が満たされないので、我慢するのであります、ははは。


_DSC8952-2.jpg
【秋葉山公園】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6? / 1/160 / ISO200

見事なグルグルぼけと周辺光量落ちであります。
周辺光量落ちは個人的には気になりませんが、このボケ具合はちょっと期待ハズレでした。背景と撮影距離を選ばないといけないようです。
でも、合焦部分はナイスですね~。


続いてはマクロ域での描写を。

このレンズ、マクロモードが付いておりまして、この場合は最短撮影距離が30cm位に縮まります。その場合の撮影倍率は、驚きの0.65倍
この倍率に惹かれて購入したんです。

ちなみに最短位置でのレンズ長は25cm以上あるので、花を撮る場合はフードを取らないと被写体がかげります(笑)


_DSC8851.jpg
【秋葉山公園】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6 / 1/1000 / ISO200

_DSC9083.jpg
【高橋3丁目】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6 / 1/400 / ISO400

う~ん、やっぱりボケは今一つですかねぇ。
日が暮れてくるとピントが極端に合わなくなってくるし(これは私の問題ですが)、なかなか使い途が難しいレンズなのかも・・・


_DSC9096.jpg
【高橋3丁目】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6 / 1/250 / ISO400

腹肉と格闘すれば、ここまで寄れます。
寄れば素晴らしい写真が撮れるかというと、そんなことはありません(笑)


_DSC9099-2.jpg
【高橋3丁目】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6 / 1/250 / ISO400

_DSC8818.jpg
【八坂東】 α900 / TAMRON SP 60-300mm F3.8-5.8 / F5.6 / 1/1000 / ISO200


現代のレンズに比べると総じて解像度は高くないので、パキパキな写真は撮れません、、、当たり前ですケド。
でも、タムロンらしい優しい描写が得られるレンズですので、満足感は高いレンズだと思いますヨ。
ちなみに、私が購入したのはフード付きの良品で、値段は4000円弱。コストパフォーマンス高っ!!(笑)

でも、、、メンドクサイレンズです。
なんたって、露出計が当てになりませんもの・・・
今回、ほとんどの撮影をF5.6で済ませたのも、絞りを変えると露出設定がメンドクサイからです。
「何故、カメラの露出計があてにならないか」についての考察は、また後日。

久しぶりのブログ更新。
疲れました~。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2011年06月04日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

タグ: α900  TAMRONレンズ 

カテゴリ: カメラやレンズ

△page top

この記事に対するコメント
ううむ
メンドーで重いレンズはカンベン、なのであります。
結果はよさげですけどねえ~、とくに最後の一枚なぞはまことにけっこうでありますよ♪
URL | アムゼル #S/NbrHps | 編集
2011.06.05 02:41
祝!復活
いなきちさ-ん!待ってましたよ。ようやく今度こそ復活ですね。
しかも復活第一弾はα900にタムロンオールドレンズとはシブイですね。
私もSP60-300mmは気になりながら、使ったことはないレンズでした。
ズシリと重い金属鏡銅からして(理由になるのかな?)、写りは良いものだと
思っていました。フォーカス部分はいいですね。ボケが…昔のズームっぽい。
私もタムロンオールドレンズは好きですよ。ズームのほとんどは売っちゃいました。
残るのは単焦点ばかりです。たまには使って遊ぼうと思います。
URL | 猫太郎 #- | 編集
2011.06.05 08:12
No title
いなきちさん、復活、首を長くしてお待ちしていました。
首が長くなり過ぎて頭が天井についてしまいましたよ(ちょっと古ネタかな

私も猫太郎さん同様、オールドレンズは大半処分してしまいました。
ズームレンズは一本も残っていません。
惜しいなぁ ! と思うレンズもあったのですが、
ED300の穴埋めの為に泣く泣く処分したレンズもあります。
カメラはE-1も処分したのですよ。。。
総額では30万円以上になったと思います。
それでも、タムロンのSP300とSP400はなんとか残しました。

お写真、やはりタムロンの発色ですね !
ズームであれば、SPAF28-105が素晴らしいボケ方でした !
ミノルタマウントもあるかと思います。
是非(笑
URL | フォトン #- | 編集
2011.06.05 12:06
アムゼル先輩へ
いやはや、ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。

「重けりゃ良い」ってのは、もはや迷信の域なのでしょうが、未だに期待しちゃう自分がおります。
ま、後でたいていガッカリしますけどね(笑)
URL | いなきち #Mcc8AiAI | 編集
2011.06.05 20:15
猫太郎さんへ
お久しぶりです。色々ご心配頂き、ありがとうございました。
なんとか復活です。
ネタは結構溜まってるので、しばらくは保ちそうで~す。

タムロンのSPレンズは、今でも十分使えますよね。写りに独自性があるし、質感も高いと思います。
今は巷では高倍率メーカーで有名ですが、ここらで1本、180マクロあたりをリニューアルしてくれないかしら、と思う毎日。
URL | いなきち #- | 編集
2011.06.05 20:21
フォトンさんへ
お師匠様、お久しぶりでございます。
師匠の首を伸ばす程、素晴らしい写真をお見せできないのが、返す返すも残念です。

サンニッパの件は、存じておりました。こっそりブログは拝見していたので(笑)
E-1はそろそろ退役の時期でしょうね。あの形はとてもカッコ良いと思いますが、一度でもE-5を味わっちゃえば、もうダメなんでしょうね、きっと。

タムロンの300を手放す時は、ぜひ事前にご相談を!(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2011.06.05 20:24

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/220-65e3754b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード