FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Mon. 21:56:52 -edit

11

08

マクロレンズは総じて安いなぁ 


あなたが前から目を付けているレンズがあるとします。。。いえ、あるでしょうね、絶対(笑)
「欲しいけど高くて買えないなぁ」と思うのは、いくら位からでしょうか?

高いか安いかはその人の懐事情によって違うでしょうが、ワタクシの場合は大体6万円位が境目でしょうか。
どうしても欲しければ、5万円台だったら我慢できずに買っちゃうことが多いです。(もちろん、手持ちに余裕があればね!)
でも6万円を超えると、ちょっと躊躇・・・ってな感じでしょうか。

とは言え、ワタクシの場合、欲しいレンズって5万円以下ではあまりないのですよね~。
ってことで、結局はお金を貯めてド~ンと買うことになるのですが、、、


_DSC1873.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F3.5 AE (-0.7) / ISO100 / RAW


ところがどっこい、ことマクロレンズに関しては、大体5万円以内で良いレンズが買えるようです。

マクロレンズを初めて使った方は、その描写の素晴らしさにビックリし、自分の腕が上がったかのように思うのですが、残念ながらこれは錯覚でしょうね(笑)
あれはきっと、マクロレンズの特性でもって、メインの被写体はバ~ンと大きく、そして同時に背景がボケるので、「こりゃえらいシャープじゃん」と思ってしまうからなんですね~。

とは言え、マクロレンズが優秀なのは紛れもない事実でしょうから、きっと皆さんも1本や2本、持っているのではないでしょうか。
標準単焦点の変わりにもなりますしね!


_DSC1919.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F4 AE (-0.3) / ISO125 / RAW


今回使ったシグマの70ミリは、新品で4万円。
タムロンのSP90(272E)なんて、わずか3万5千円!
はたまた、ソニーの50ミリと来たら、フルサイズ対応でありながら、ビックリの2万円強!!なんと、キットレンズ単品より安いのですね。


_DSC1891.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F3.5 AE (-0.7) / ISO100 / RAW


ナゼこんなに安いのか。
やっぱり、「売れるから安い→安いから更に売れる」という好循環のせいなのでしょうか。
日本人には花が好きな人が多いから、マクロレンズは必携なのかしらねぇ。

いや、狭い国土で中途半端に都会化が進んでいるから、気軽に撮れる被写体は、花以外に無いせいかも(笑)
スナップしてると、いろいろメンドクサイことが起こるし、ねぇ。。。困った世の中だこと。


_DSC1898.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F5.6 AE (-0.3) / ISO500 / RAW


いずれにしろ、この安さは大歓迎。
マクロレンズしか使わないなら、全ての現行マウントを導入することも可能かも知れませんね、うふ(笑)


_DSC1922.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SIGMA 70mm F2.8 MACRO / F4 AE (-0.3) / ISO100 / RAW


昨日、上の写真を撮りながら近所をうろついていたら、いきなり、
「ちょっとちょっと、イイものがあるよ~」
と、自転車に乗った中年のオッサンに呼び止められました。
「何、なに~?」
と、ひょこひょこ後をついていったら、ある家の前に置いてある園芸ポットを指さして、
「ほら、××××だよ。ね、珍しいでしょ!」
と嬉しそうに教えてくれました。

ワタクシも少々興奮した口調で、
「こりゃ珍しいですね。撮らしてもらうよ~」
と、パチリ、パチリ。

・・・実は、知らない花でした(爆)
しかも、ピントが合っていなくて全滅(涙)
だって、日陰で暗かったからぁ・・・
花を撮るなら、ちゃんと勉強をしておかないと、と言う教訓でした!ちゃんちゃん。

ところで、撮り始めてから何気なく後を振り返ったら、オッサンは既にどこかに消えていました。
ひょっとして、他人の家だったのか?(笑)
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2010年11月08日| Comments(10)Trackbacks(0)

テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

タグ: α55  SIGMAレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
伝説のマクロ
確かにマクロレンズが安く買える時代になりましたね。私は随分と前に、ミノルタAF100mmマクロが欲しくて、数ヶ月我慢した記憶があります。今、一番欲しいのはミノルタAF200mmF4Gマクロですね。これだけは状態の良いものに、なかなか出逢えません…(悲)。中古で状態が良ければ15万円は覚悟していますが…(笑)。
URL | 猫太郎 #- | 編集
2010.11.08 23:03
いやもう
なぜかは知らねど最近めきめきうでをあげていなさる、どしてかな?
しかしマクロ・レンズならその雄ともいうべき、マクロプラナーとかマクロエルマリートはたっけえなあ~凹
URL | 丸山光三 #S/NbrHps | 編集
2010.11.08 23:05
マクロ
はい !
確かにマクロレンズは安いですなぁ~ !
私が持っているフォーサーズレンズで一番安いのが50Macroでした。。。
そのレンズが「神のレンズ」と称される銘レンズなんですよねぇ~ !
そのレンズが一番働きが良いのですよ(笑)

最後から2枚目のお写真、最高ですよ !!
○ボケ、いやダイヤモンドボケがボケておりますが、
なにか、特別なテクを使われた ?
URL | フォトン #- | 編集
2010.11.09 00:03
先が深いですね
こんにちは、皆さんの写真を拝見していてすばらしい写真だと感じた時に使用のカメラやレンズを気にするようになってまだ久しいほどですから、そんなに出せない自分です。ただ、憧れてはいます。
URL | emades #F5Tx.MT2 | 編集
2010.11.10 12:22
猫太郎さんへ
こんばんは!

私もミノルタの100マクロを中古で購入した口ですが、結構な良品が3万そこそこで買えたので、満足しています。もちろん、その写りにも!

ミノルタには、200マクロなんてのがあるんですねぇ。全く知りませんでした。
名前を聞くだけで高そうです(笑)
私が次に狙うとしたら、シグマの150マクロのリニューアル版(ソニーマウントで出るのかわかりませんが)か、シグマかタムロンの180マクロですね。
URL | いなきち #- | 編集
2010.11.10 22:20
アムゼル先輩へ
こんばんは!

なぬ?ワタクシが腕を上げた、と?
全然自覚がありません(笑)
そりゃあ、アムゼル大先輩のような方に褒められれば、光栄ではございますが・・・ひょっとして、アムゼル先輩のお世辞の腕が上がってたりして(笑)

「ぷらなぁ」とか、「えるまりぃと」なるモノは、はなから考慮外でございますよ。
有害指定レンズでございます故(爆)
URL | いなきち #- | 編集
2010.11.10 22:26
フォトンさんへ
こんばんは!

私も結局稼働が高いのは、ZD50マクロ+EC14ってことになりますねぇ。
神の域には達していませんが(爆)

最後から2枚目は、いなきちフィルタでございます(笑)
なんちゃって、大した処理はしていません。
AdobeCameraRawで言うところの、「明瞭度」を適当に下げております。輪郭が滲むものの、芯は残したままボケるので、なかなかよろしゅうございます。
あと、メルヘンチックにするにはノイズが多少気になりましたので、ノイズ除去を強めにかけたので、そのせいもあるかもしれません。
URL | いなきち #- | 編集
2010.11.10 22:32
emadesさんへ
こんばんは!

あんなに情感豊かな銀塩写真を撮られる方が、な~にを仰りますか。
機材になどこだわらないのは、それはそれで正しい道を歩まれていると思いますよ!
URL | いなきち #- | 編集
2010.11.10 22:37
No title
例の流出ビデオで日陰者と笑われたもんじゃです。どーいうもんじゃ(笑)

確かにマクロレンズは安価で性能のよいものが多いですね。

アッシはマクロレンズという領分に拘らず平然と風景などを撮っている日陰モノ
でござります(笑)

どのお写真もステキです!!
URL | もんじゃ焼き #- | 編集
2010.11.12 15:59
もんじゃ焼きさんへ
こんばんは!
あの方は日陰者でなく、立派な方なのだ・・・と勝手に思っておりまする。

「弘法筆を選ばず」
機材にこだわらないあなた様は、実に正しい姿勢だと思います(マジ)
URL | いなきち #- | 編集
2010.11.14 23:28

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/208-710b328b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード