FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sat. 18:57:21 -edit

09

18

やっぱりOVFの勝ち 


パナG2やα900のEVFにも、すっかり慣れてきました。
私の場合は、ほとんど問題ないと言っても過言ではないレベルです。
ただ、マクロ撮影でMFを使う時は、ピント合わせに多少苦労しますね。

EVFには拡大表示というMF時の切り札がありますが、マクロ撮影では意外に役に立ちません。
拡大表示してピントを合わせても、シャッター半押しで通常表示に戻ってしまうので、この間にピントがずれてしまうのです。
拡大表示のままシャッターを一気押しすれば良いのかも知れませんが、それって品が無いでしょ?(笑)
まぁ、品が悪いのは置いといても、一気押しだとAEが露出決定する時間があるのか心配です。
ですので、通常表示のピントのつかみが大事になってきます。

で、パナG2/α55とも、通常表示のピントの合わせやすさには、まずまず合格点をあげられます。まぁ、歩留まりはそれなりに悪いですけど。

_DSC0594X.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SONY 135mm F2.8 STF / T4.5 AE / ISO125 / JPEG


EVFの見え方がいくら良くなったところで、コントラストの低い部分にピントを合わせようとしても、これが一筋縄ではいきません。
次の写真は、全然合焦に自信が持てなくて、10枚程撮った中で一番ピントが良かったものです。
それでも、微妙に目にピントが来ていませんね。

_DSC0577X.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SONY 135mm F2.8 STF / T4.5 AE / ISO100 / JPEG


次の写真もピントが合わせにくかったです。
逆光に光る部分がEVFでは見にくく、半ば当てずっぽうで合わせました。
モノクロ化は、単なる趣味です(笑)

_DSC0599.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SONY 135mm F2.8 STF / T4.5 AE / ISO125 / JPEG


これまた難しい条件です。
セセリちゃんの目にピントを合わせたかったのですが、微妙にずれています。
明るい部分と同様、暗くて同色系の部分でも、ピント合わせは難儀します。

_DSC0626.jpg
【飯田町】 SONY α55 / SONY 135mm F2.8 STF / T4.5 AE / ISO500 / JPEG


今日は頑張って、α900+70-400Gも持って行きました。
α55でしばらく撮って、α900に持ち替えた途端、悟りましたね。

「やっぱOVFの方が見やすい!」と。

α900のファインダは別格かも知れませんが、E-3のファインダと比べても、EVFはその足下にも及びません。

まずは目に飛び込んでくる明るさ。
画像の明るさと自然界の明るさでは、その質が全く違います。
OVFの方が圧倒的に明るく感じるのは、光の質の違いだと思いますよ。

ピントの合わせやすさも全然違います。
EVFはしょせん二次元に映し出された画像ですが、OVFは人間の見た目通りの三次元。EVFが敵う訳がありません。

ワタクシの予想では、その内に両目で覗くEVFが開発されるでしょう。
そ、3Dファインダの登場です。
・・・気持ち悪くなりそうですな(笑)

_DSC5447.jpg
【飯田町】 SONY α900 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG

_DSC5449.jpg
【天王南】 SONY α900 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG


ワタクシの場合はOVFの勝ちとしますが、EVFを使いこなすだけの腕がないのかも(爆)
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2010年09月18日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

タグ: α900  α55  SONYレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
いやもう
現状ではやはり光学ファインダーのほうがよほど優れているのであります。
かといってE-3の巨大なボデイはカンベンなのであります。
けっきょくはファインダーより勘だより、というのはどの器材でも大なり小なりの差はあれ同じなのであります。これが真理なのだあ~v-15
URL | アムゼル #S/NbrHps | 編集
2010.09.18 23:50
アムゼル先輩へ
おこんばんわぁ!
この時間にして、かなり酔っぱらってるので、ご無礼があったらお許しくださいね~。

今は何でもありの時代なので、いっそペンタ部を巨大化した昔の一眼みたいなデザインでよろしいのではないでしょうか。全体が軽ければ、ペンタ部の大きさなど、多少大きくてブサイクでもよろしい!
オリができないのなら、いっそCOSINAがデジカメ作っちゃえば良いかと!
なにせ、COSINAが無くなって困るのは各メーカーのはず・・・ここを突いて脅迫すれば、ほとんどのメーカーは言いなりになり、センサーでも手ぶれ補正機構でも、何でも提供するはず・・・違うのかなぁ(爆)
URL | いなきち #- | 編集
2010.09.19 20:50
やっぱり
光学ファインダーの方が良いですか ?!
私がマイクロに二の足を踏んでいるのは、どうもEVFに違和感を感じる為です。
スナップ撮影であれば便利かなと思うのですが、
マクロや超望遠はどうなんでしょ。。。

OVFにしても、MFでピント合わせが容易に出来る大きさが欲しいですね !
アムゼルくんさんの仰るように、勘頼りと言うのも一理あるかもしれませんが、
大は小を兼ねる ! と言うことで、E-3やα900のバカでかさを弁護しましょう(笑)

それにしても、いなきちさんの写真を見てつくづく思うのですが、
カメラを操作して、写真を撮ることを楽しんでいらっしゃるなぁ~と。。。
私は ? と言うと、息を止め過ぎて、寿命が縮まったようです(瀑)
URL | フォトン #- | 編集
2010.09.19 21:04
フォトンさんへ
こんばんは!

主観ではありますが、やはり光学式の方が見やすいと思います。
「見慣れているから」なのかも知れませんが・・・
でも、思ったよりもEVFも使えますよ!ずっとEVFだけ使っているぶんにはよろしいのですが、途中で一度でもOVFを覗いたら、ガッカリしちゃうかも知れません。
マクロや超望遠時は、三脚を持ち出せば、EVFの方が優れているかも知れませんが、若干レスポンスが悪くなるように感じますので、被写体ブレのあるマクロ撮影では、やはりOVFの方が歩留まりがよろしいかと思います。

フォトンさんの場合、いずれはマイクロも避けて通れないように思います。ただし、フォトンさんには絶対EVFが必要だと思います。両手伸ばしてマクロ撮影しているフォトンさんなんて、想像できませんもの(笑)
となると、オリの次期マイクロに期待!と言うところでしょうか。

最近は、カメラで撮影すること自体を楽しめるようになってきました。
以前は、撮った写真をいじくり回すのが一番好きだったんですけどね(笑)

>私は ? と言うと、息を止め過ぎて、寿命が縮まったようです(瀑)
ワタクシの拙い経験から申しますと、、、
息を止めすぎると禿げます!(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2010.09.19 23:26

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/179-0055b486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード