FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sat. 23:58:26 -edit

09

04

60年前のキャノン・新しいツァイス 

今日は勇んで新銀塩カメラのデビューを飾るつもりでしたが、まさに出かけようとしたその時、免許証やキャッシュカードが入ったケースが行方不明になり、しばらくあたふたしてしまいました。
方々に電話したり家の中を1時間程探した後、思わぬ所から見つかり、一安心と相成りました。
そのせい、と言う訳でもないのですが、何となく新カメラのデビューという気持ちが無くなってしまい、とりあえず同時に手に入れたレンズを手っ取り早くデジタルで、ってな路線に切り替えました。

手に入れたレンズは二つ。
その内の一つは、何と60年も前に発売されたレンズです。

CANON SERENAR F1.8 L
つい先日まで、全く知らなかったレンズです。
レンズの解説はその道の達人ブログにおまかせし、とりあえずその写りを・・・

_1010083.jpg
【高橋1丁目】 PANASONIC G2 / CANON SERENAR 50mm F1.8 L / F1.8 AE(+0.7) / ISO100

_1010110.jpg
【島崎町】 PANASONIC G2 / CANON SERENAR 50mm F1.8 L / F1.8 AE(+0.7) / ISO100

_1010122.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 PANASONIC G2 / CANON SERENAR 50mm F1.8 L / F1.8 AE / ISO100

いやはや・・・ビックリですね。とても60年前のレンズとは思えません。
私が手に入れたこのレンズ、かなりの美玉なのですが、それにしても良く写ります。
しかも、この3枚は全て開放(F1.8)で撮ったのですよ!

名前に「L」と入っているのでお分かりかと思いますが、このレンズはレンジファインダ用です。
60年前のレンジファインダと言うことは、基本的には絞って使うことを想定しているので、設計時にボケ味はそれ程追求されていないと思います。
確かに1枚目や3枚目のボケ描写は、ちょっと気持ち悪いですね。

それにしても、この写りは無いだろう!と思ってしまいます。
レンズ自体も優秀なのでしょうが、やはりフォーサーズと言う事に加え、カメラの画像処理エンジンがレンズの欠点を隠しているのかも知れませんね。


続いて2本目のレンズ、Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM の写りを見て頂きましょう。

_1010157.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 PANASONIC G2 / Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM / F2.8 AE(+0.7) / ISO100

_1010160.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 PANASONIC G2 / Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM / F2.8 AE(-0.3) / ISO125

_1010181.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 PANASONIC G2 / Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM / F2.8 AE(+0.7) / ISO125

!・・・いや~、素晴らしいレンズです。
この3枚も開放(F2.8)で写したのですが、撮った直後にモニターを見た瞬間、クリアな発色と色乗りの良さ、そして優しい解像感にビックリしました。
ZEISSのレンズは初体験なのですが、これが「歴史がもたらす写り」と言うものなのでしょうか。


明日は少し早起きして、電車に乗って少しだけ遠出する予定です。
もちろん、新機材の銀塩レンジファインダを持って行きます。

さてさて、どんな写真が撮れます事やら!
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2010年09月04日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: ZEISSレンズ  CANONレンズ  G2 

カテゴリ: 清水港探索

△page top

この記事に対するコメント
No title
CANON SERENAR 50mm F1.8 L?
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM ??
なんか、いなきちさん、違う世界に逝ってしまったようで(笑)
OLYMPUSからも離れて逝かれるようで、ちょっと寂しいですね。。。
でも、最近のOLYMPUSの動向を見ると、気持ちが離れて行くのは同然かもしれません。
私はOLYMPUSがフォーサーズのボディを出す限り続けていくつもりですが、
Nikonという予防線も張っておくつもりです。

ステレオは、私にとってカメラ以上に凝った趣味かもしれません。
ただ、最近のデジタルオーディオは好きになれなくて。。。
昔、高価で手に入らなかった真空管アンプが、中国製の安価な製品が入ってきたこともあり、興味が出てきました。
例のPCMレコーダーも同様ですね !

カメラ・写真の趣味を止めた ! と言う訳ではありません。
ただ、機材よりも撮影の方に力を入れたいと思いますね !
URL | フォトン #- | 編集
2010.09.05 22:20
フォトンさんへ
こんばんは!

>違う世界に逝ってしまったようで(笑)
行く場所があればよいのですが(笑)
オリンパスからは確かに少し距離を置いています。性に合わない、という事は無いのですが、他に撮りたい機材があるので・・
とは言え、色々な意味でオリンパスの安定感は捨てがたく、時期E-5に最後の望みをつないでいる感じです。

私は思うのですが、フォトンさんのようなキッチリした写真を撮られる方は、フルサイズを使うべきだと思います。
もちろん、フォーサーズは素晴らしいカメラシステムですが、フルサイズは何と言うか、満足感が違うと思います。
それにフルサイズとフォーサーズなら、使い分けが出来ますし・・・

>機材よりも撮影の方に力を入れたいと思いますね !
耳が痛いです(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2010.09.05 23:34

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/170-89d9fdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード