FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sun. 23:43:54 -edit

10

25

外来種 

私の住む街を流れる巴川。清水区(旧清水市)の真ん中をを縦断し、清水港へ流れ着く二級河川です。
私が幼少の頃は、清水港へ輸入された原木を上流にある製材所へ運ぶため、イカダを引っ張った曳船がひっきりなしに通行していましたが、残念ながら製材所が相次いで閉鎖され、この風情あるイカダの川上り?は、今では懐かしい光景として、私たちの脳裏に残っているだけとなりました。

とりたてて特徴のある川ではなく、水質も決して褒められるものでは無いので、その存在理由は治水のみといったところですが、私はこの川の傍で生まれ育ったこともあり、心落ち着く場所なのです。
私にとって古里ともいえる巴川ですが、いつの頃からでしょうか、この川にカメがたくさん見られるようになったのです。
小さな頃はカメなどいた記憶がありません。

20091011-1.jpg
【巴川橋付近】 Olympus E-3 / TEFNON 80-200mm

干潮の時など、水位が下がって露呈した両岸のブロック床の上で、のんびり甲羅干しをしている姿は可愛らしくもあり、よく写真に収めるのですが、ある時に家内が言った言葉が気になりました。

「このカメ、外来種じゃないの?」

調べてみると、このカメは「ミシシッピアカミミガメ」と言い、露店などで売っているミドリガメの成長した姿だそうです。
つまり、成長したカメを持て余した飼い主が川に放した結果、繁殖して目につくようになったということです。
このカメは雑食性で、寿命20~40年と言われ、目立った外敵もいないことから、このままでは今後も繁殖し続けるでしょう。

巴川は街中河川ですので、田舎の自然あふれる川とは違い、あまり固有の生物はおらず、また希少種はいません。
それでも、ボラ、鯉、各種サギ、ハクセキレイなどの鳥達など、川に守られてその命を育んでいる生き物がおり、それらもひっくるめて私達の愛する川なのです。
その川の新しい仲間にカメが加わることは、感情的に悪いことではありませんが、生態系の変化が起きるならば、やはり憂慮すべき事態だと思います。

さて、改めて私の回りを見渡すと、外来種がそこかしこに見られることに驚きます。
例えば、この大きなアサガオ。

20091012-2-3.jpg
【高橋四丁目付近】 Olympus XA / CENTURIA 200

毎年初秋になると大輪の花を咲かせ、午後になっても花はしぼみません。
民家や空き地など至る所に見られ、ツルが立派なことから、外壁の装飾として利用されているようです。
ところがこの花、「マルバアサガオ」という外来種なのです。

このアサガオが、固有生態系にどのような影響を与えるのかわかりませんが、見るからに繁殖力が強そうなので、何となく気にはなります。

そもそも、これだけ国際化が進めば、外来種が増えるのも当たり前だと思います。
そして国際化のお陰で、我々が多大な恩恵を授かってきたのも事実です。

とは言え、日本古来の生態系が犯されるのを黙ってみている訳にもいきません。
我々の祖先が見ていた風景が消え去るのは、理屈ではなく感情として寂しいことだと思います。
消え去る今を写真に残すことは、とても大事なことだと思いますが、今見ている光景を未来に残すことの方が、よっぽど大事だと思うのです。
私も皆さんと同じく写真を趣味とする者ですが、今ある素晴らしい光景を「写真」と「現実」のどちらとして子供に残したいかと言えば、やはり現実を残してあげたい。

何か我々にできることは無いのでしょうか?

20090211-2.jpg
【実家の庭にて】 Olympus E-3 / ZD ED 50mm Macro + EC-14

最後に我が家の外来種をご紹介します。
あいちゃん、3歳メスのチワワです。
メキシコ原産種ですが、今のところ我が家の生態系に対し、良い影響こそたくさんありましたが、悪影響は皆無で~す。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2009年10月25日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

カテゴリ: 巴川散策

△page top

この記事に対するコメント
No title
いなきちさんはじめまして
あいちゃんの表情がいいですねぇ
凛としていながらどことなく何かを想っているような

あっ50㎜マクロですね
ほしいレンズの筆頭です

ひこうきやさんのところでは
貴重なアドバイスありがとうございました
やっぱり純正品がよいようですね
まぁ長く使うことを考えれば純正品を
買おうと思います。
これからもよろしくお願いします
URL | ねぎぞう #WO1eVdDQ | 編集
2009.10.26 21:20
ねぎぞうさんへ
こんばんは!
先ほどはいきなり横入りしてゴメンナサイ。

家のあいは、時々物思いにふけっている表情を見せます。
多分、夕飯のおかずを考えているものと思われます(笑)

50マクロはとっても写りが良いので、オリンパスの顔と言ってもよいレンズかも知れませんね~。
我慢はお体に差し障りがあるといけませんから、お早めにお買い求め下さい(笑)

巷のEP-1ファンの間では、オールドレンズがはやってるようですね。
このブログに遊びに来てくれる、ジジイ、じゃなくて諸先輩の方々の中でも、オールドレンズはちょっとした流行になっています。
何より安いので、「物欲を満たしてくれる最良の友」といったノリなんですが、写りも驚くほど良いので、「買って安心、撮って満足」!
一家に最低3本は、オールドレンズが必要ですね(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2009.10.26 22:00
No title
確かにその気になって見回すと外来種多いですよね
今や完全に市民権を取ってしまった感のあるバス(というよりバス釣り・・)
なんて生態系を思いっきり崩してしまって、
琵琶湖でも大問題になっていたはずですが最近聞きませんね
なんでも輸入に頼っている今の日本ではどうしようもないということかも知れませんね
外来種あいちゃん可愛いですね~
みんな こんなに可愛い外来種だといいんですが
ここにもテレコンが・・
URL | ひこうきや #- | 編集
2009.10.26 22:06
No title
ありゃぁ、清水市は消滅してしまっていたのですか、うかつにも知りませんでした。

オールド・レンズはロートルの郷愁をさそうのか、ついつい集まってきちゃいますね。
(・x・)v
URL | アムゼル #S/NbrHps | 編集
2009.10.26 22:07
アムゼル先輩
こんばんは!

あの~、消滅しておりませんがな。静岡市に乗っ取られただけざます。
静岡と清水では、人種も文化も全く違うので、もうすぐ内戦が始まります。
きっと小さな戦いなので、ドイツでは報道されないと思いますが・・・

オールドレンズは、年寄り、あっ失礼!、大先輩の方々には哀愁を誘うものがおありなのでしょうね。
特にアムゼル先輩の場合は、日本を遠く離れられているので、昔を懐かしむお気持ちが強いのでしょうか。
・・・ドイツにいてLeica使って「郷愁」っつ~のも、なんだかなぁ・・・(爆)

それにしても、ロートルはないでしょ、ロートルは!
現役バリバリのくせにぃ~!!

も一つ、「集まってくる」とは、ちと表現がおかしくないですか?
いさぎよく「集めた」と仰ってくださいませ(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2009.10.26 22:27
ひこうきやさんへ
こんばんは!

外来種がこんなに身近にあること、ちょっとビックリですね。
最近の夜の街からは、東南アジア系外来種が消えてしまって、ちょっと残念ですが(笑)

テレコンは、まさに貧乏人の味方です。
EC-14や20は、本体価格はそこそこしますが、他社と違ってオリンパスのどんなレンズにも使えるので、結局お得だと思います。
特にEC-14は、開放F値が1段しか落ちませんから、使いやすいと思いますよ~。
どうすか?一本いっときますか?(笑)
URL | いなきち #- | 編集
2009.10.26 22:33

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/17-5029699e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード