FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Tue. 22:16:32 -edit

08

03

されどフィルムも捨て難し 

花をマクロで撮る時は、はやりデジタルの方がしっくり来ます。

一つは、手ブレの問題。
手ぶれ補正機能の有無は別にしても、銀塩カメラよりデジイチの方が手ぶれは少ないように感じます。
シャッター幕の素材の進化や新しい設計技術のお陰でしょうか。

二つ目には、色の問題。
さんざん過去に述べておりますが、フィルム-特にネガの場合の色に満足出来ません。
花の場合、特にクリアな発色が好まれると思うのですが、ネガの場合はどうしてもくすんだ色になってしまいます。
たまたまフォトンさんがご自身のブログで、取り込んだネガをレタッチし、大変上手に実際の色合いに近づけてらっしゃいますが、これとて一歩間違えば色飽和の嵐になってしまいます。

最後は、ボケ味の問題。
マクロの場合、絞りを開けても絞っても、ボケとは無縁でいられません。特に手持ちマクロの場合、手ぶれや被写体ふれを防ぐため、どうしても絞りを開け気味にすることが多いので、ボケの描写は写真の写りを決める重要なファクタだと思います。
このボケ味が、フィルムよりデジタルの方が優れていると思うのです。
フィルム-特にネガの場合、ハイライトがスッと飛ばずに粘るので、円ボケなどハイライトのボケに微妙な階調が残ってしまいます。また、階調が広いため、シャドー部に色が残っており、後処理でシャドーを持ち上げた場合、予想外の色が現れ、これが汚いボケ味を演出してしまいます。

ということで、最近は花マクロの場合、フィルムで撮ろうとすることはなくなりました。


_1000876.jpg
【入江1丁目】 PANASONIC G2 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO

このカメラとレンズの組み合わせだと、手ぶれ補正が効かないのはちょっと苦しいですね。
よ~く見ると手ぶれ(ピンボケかしら?)していますが、どうやらこの辺りが限界のようです。


_1000871.jpg
【入江1丁目】 PANASONIC G2 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO

ゆっくり花に止まっている蝶なら、ワタクシでも何とか撮れます。
毎年、だいたい同じ蝶しか撮れないんですよね~(笑)


_1000917.jpg
【エスジーポート】 PANASONIC G2 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO

こ奴めも、ずっと同じ花に止まっていてくれたので、じっくり撮ることができました。
残念ながら目にピントが来ていません。
レンズの最短撮影距離で撮ったのですが、こ奴めは始終微妙に向きを変えるため、ピント合わせは難しかったです。


_1000930.jpg
【高橋6丁目】 PANASONIC G2 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO

このような被写体の場合、どこにピントを合わせるか、とても難しいですねぇ。


ということで、デジタルでの花マクロを楽しんでおりますが、じゃあフィルムはダメかと言うと・・・う~ん、そこが難しいんですよねぇ。
マクロという程接写はしませんが、少し引き気味の写真として、フィルムにはフィルムの味があると思います。


EKT-030-Edit.jpg
【入江1丁目】 MINOLTA α-SweetS / SIGMA 50mm F1.4 / KODAK EKTAR 100

EKT-006.jpg
【江尻踏切】 MINOLTA α-SweetS / SIGMA 50mm F1.4 / KODAK EKTAR 100

こりゃ当分、フィルムも捨てられませんな~。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2010年08月03日| Comments(2)Trackbacks(0)

テーマ: 銀塩写真 - ジャンル: 写真

タグ: SIGMAレンズ  G2  ネガフィルム  SP90  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

この記事に対するコメント
No title
今日は本学創設以来初めてのオープンキャンパス(なんて大学じゃ !)でした。
ホントに疲れましたわ(笑)
準備等が忙しく、ここ暫く、写真もろくに撮っていません。
しかし、夏は到来しましたが、この暑さは異常ですね。。。死んでおります。

花撮りだけでなく、昆虫も含めてマクロ撮影に関しては、やはりデジタルの方が良い写真が撮れるような気がします。
但し、望遠マクロに関しては銀塩も味のある写真が撮れるますね !
ボケが異質というか、見方によっては凄い透明感のある写真が撮れます。

バナのG2、如何でしょう ?
L10の系譜だとは思いますが、とても色乗りが良いと思いませんか ?!
今回のお写真でもそんな気がします。
蝶撮りのフォトンとしては、やはり2枚目と3枚目の写真が好きです。
特にヤマトシジミちゃんは可愛いです。
URL | フォトン #- | 編集
2010.08.07 23:11
フォトンさんへ
こんばんは!

今はやりのオープンキャンパスですね。お疲れ様でした。
本当にここのところの暑さは尋常ではありませんね。
私も血圧が上がっちゃって大変です。

望遠マクロですか・・・私は銀塩ではほとんど望遠を使いませんから、よくわかりません。フォトンさんがそこまで仰るなら、今度挑戦してみます。

パナのG2は、時として色乗りが良すぎると感じるばあいがありますが、色の傾向が自然なので、嫌みには感じません。
このあたりは、パナライカレンズも含めて、パナの一貫した画作りなんでしょうか。
URL | いなきち #- | 編集
2010.08.08 22:41

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/154-9dcb1d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード