FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sat. 19:10:09 -edit

10

17

フィルムの魅力? 


【これ何~んだ?】 Olympus XA / TREBI 100C
※無意識に撮った?のですが、いったいこれは何で、どのようにして撮ったのでしょうか?答えは次回!
ヒント:撮ろうと思って撮ったのではありません。

※今日は特別長文版につき、飲食物をご用意されることをお勧め致します。
長文と言っても、為になることは多分一つもありませんので、読まずに下の「拍手」ボタンを押すだけでも結構ですケド(笑)


最近、フィルムカメラで写真を撮ることが多いです。
その理由は、、、自分でもよく分かりません(笑)
そこで、全く私的な事ながら、その理由を自己分析してみました。

まず、デジカメに比べてフィルムカメラの(私にとって)良いこところ。

○フォルムが格好良い
 中には?な形もありますが、ほとんどのフィルムカメラは、私同様クールな外観だと思います、えへ!
 私が特にカッチョエエと思っているのは、
 (一眼レフ)Olympus OM-1/2
 (レンジファインダ)HANZA Canon ←中古推定価格100万!
 (コンパクト)Minolta TC-1

○重量感がある
 これは、単なる重さではなく、金属的密度が高いとでも言いましょうか。
 デジカメからは決して感じないその重厚さ。何となく、男のマストアイテムだと思うのです。

○冷んやりしてる
 金属的な冷たさが病みつきになります。高血圧も直りそう(笑)

○落ち着いて撮れる
 ような気がする・・・というのは、できあがった写真を見ると、気のせいだとわかります(爆)

○絵になる写真が撮れる
 これも多分錯覚ですね~
 とは言え、現像上がりのポジをルーペで見ると、息を呑む美しさであることは事実です。
 初めて見る方は、そのあまりの発色の良さにビックリされ、ほとんどが「俺は写真の天才だ」と思われるでしょうが、失礼ながら気のせいですよ、そこのアナタ!(ありがたくも当ブログ常連であらせられるお師匠連中に向けての発言ではないことを、声を大にしてここに申し添えます

う~ん、どうも大した?理由はなさそうです。

20090921-2.jpg
【山原貯水池】 RICOH MF-1 / NEOPAN ACROS

では続いて、フィルムカメラの欠点を。

×金がかかる
 何せフィルムで撮るので、デジカメと違って運用コストがかかります。
 ポジの場合、フィルム1本900円、現像代1本900円として、合わせて1,800円。1コマ当たり50円!しかもプリントは別料金ですからね。
 ネガの場合は少し下がると思いますが、いずれにしろちょっと高いですね。

×気軽に撮れない
 上で述べたように運用コストが高いので、気軽には撮れません。
 あなたの、そのちょっと太めでゴツゴツしてて、昼飯に食べた天ぷら蕎麦の汁がまだちょっと残っている人差し指、その指を下方向へ5ミリほど動かすだけで、50円かかってしまうのですよ。10回押したら、天ぷら蕎麦と同じ値段(弊社調べ)になってしまいます。
 ということで、吟味に吟味を重ねてシャッターを押さねばなりません。
 ですが、そもそもセンスが無いワタクシ、何を撮れば絵になるかわかりません。
 「下手の考え休むに似たり」とは正にこのことですが、お金がもったいなくてタマを打てないなどと、某国の軍隊みたいで甚だ情けないのでございます。

×いつ撮ったのかわからない
 気軽に撮れない、となると、今日フィルムを入れたとして、撮りきるのは1週間後になってしまいます。
 撮り終わったら現像に出すのですが、実はポジの場合、安くしかも高品質で現像してくれるところがあるのです。
 私が利用しているのは、京都にあるエイエムエスさんというプロラボなんですが、36枚撮りのスリープ現像を660円でやってくれるのです。
 ところが、当然ながら送料がかかります。EXPRESSパックで往復1,000円也。
 そこで、何本かまとめて送るようにしているのですが、私の場合、平均して月5本程度のポジを撮りますので、結局1ヶ月分をまとめて依頼しています。
 さて、その結果どうなるか・・・
 今か今かと待ちわびて、現像から上がってきたポジをワクワクしながら見るのですが、よっぽど印象に残ったシーン以外は、いったい何時撮ったのか、下手したらここは何処なのかさえ分からないのです。
 ま、私だけかも(笑)

×撮影データがわからない
 これも上と同様、レンズや絞りなどの撮影データを、見る時にはすっかり忘れているのです。なにせEXIFが無いからして(笑)
 ボケ具合などで絞りの見当はだいたい付きますが、意外と分からないのがどのレンズを使ったかということ。 これも私だけかも知れませんが、できあがった写真上では、画角の違いが思った以上に分からないのです。
 遠景では何となく違いが分かるのですが、近接時にはさっぱりわかりません。よく使う35mmと28mmの違い、これが本当にわからない・・・あ、50mmと100mmの違いはわかりますよ(笑)
 最初の頃は、1枚撮るたびにボイスレコーダに「レンズ○○、絞り優先、f○○、+○」などと吹き込んでおりましたが、面倒くさくなったのと、後から録音を聞いた時のあまりの気恥ずかしさから、最近は止めてしまいました。
 そこで、これからフィルムカメラを始める方にお勧めなのが、コマ間に絞りとシャッタースピードが印字されるカメラ(NikonF80Sなど)ですね。

×デジタル化に手間がかかる
 現像上がりまでの時間は、楽しみでもありますので良しとします。
 がしかし、現像から上がってきたフィルムを、スキャナで読み取るのが一苦労。その苦労は、やったことのある方にしかわからないかも。。。
 (スキャニングについては、後日お話ししたいと思います)





どうやら、悪い点の方が多そうです。
結論:フィルムやめようかなぁ。(笑)

20091017-2.jpg
【巴川橋付近】 Olympus OM-4 / OM ZUIKO 50/f1.4 / CENTURIA-200

上では画質については述べませんでしたが、画質でフィルムがデジタルを上回る点、それは「グラデーション」。
空や雲、水面などの微妙なグラデーションを質感良く表せる、それがフィルムの特徴だと思います。
でも、全体的にはやはりデジカメの方が写りは上だと感じています。
スポンサーサイト




この記事にコメントする

2009年10月17日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

カテゴリ: 写真論(笑)

△page top

この記事に対するコメント
銀塩カメラ
最後まで読ませて頂きましたよ ! 誉めて下さい(笑)
ところで銀塩カメラは、アナログレコードに共通のものを感じますね !
現在でもデジタルはアナログレコードに敵わない点が多々ありますが、
結局は手間とコストの問題で衰退していきました。
手間とコストを厭わないマニアだけが細々と繋いでいるのでしょう !
銀塩カメラも同じです。
私などはデジタル移行が遅く、銀塩カメラ+スキャナーにしがみついていましたが、
結局、手間とコストの関係で移行してしまいました。
最近、OM30を手に入れ、銀塩を復活させようとしていますが、
周囲の環境(現像)や、OM30のシャッター振動に悩まされ、なかなか先に進みません。
それからもう一つ、E-3のように大きく重いカメラに慣れ切ってしまった点があります。
OMシリーズの軽いカメラはダメですね !
いなきちさんに教えて頂いたニコンF3HPか、F5当たりが私には合っている様な気がします。
とりあえず、Fスキャナーと、どのメーカーでも対応できるレンズを確保してありますので、じっくりと検討・探していきたいと思っています。
URL | フォトン #- | 編集
2009.10.17 20:56
フォトン大師匠様
こんばんは!最後までお読み頂き、ありがとうございます。

私がフィルムカメラを愛用しているのは、ひょっとしたら、いま撮ろうとしている正にこの写真に、昔の良き思い出が写るような気がしているからかも知れません。もしくは、フィルムで撮った写真の中に、過ぎ去った思い出を探しているのかも。。。一種の懐古主義でしょうか。

フォトンさんはしっかりした基礎がおありなので、フィルムでもデジタルでもきっと満足のいく写真が撮られると思います。というか、現に撮られてますね(笑)
ですが、やはりフォトンさんのフィルム写真をもっと見てみたいのです。
そこにはフォトンさんの歴史が写っていて、私がそれを覗き見する・・と言う、少々イヤラシイ思惑があるかも・・・イヒヒヒヒ!

それから、フォトンさんのブログで「師匠」呼ばわりは止めろとご謙遜されたので、今後は「大師匠」に改めさせて頂きます。悪しからず!
URL | いなきち #- | 編集
2009.10.17 21:51
No title
いなきち師匠さま。
今となっては銀塩は懐古そのものでしょうが、それゆえ懐古にこだわるのではないでしょうか。限られた枚数の中で(私の場合)光と影を読む技術は銀塩時代に培ったものであると考えます。フォトンさんの作例がまさにそうです。
フォトパスに掲載されたいなきちさんの作品も然りです。素晴らしい銀塩時代に乾杯です。因みに後で当ブログでUPしますが、ポジは傷だらけでスキャンできませんでした(泣)
URL | 仙人もどき #- | 編集
2009.10.17 22:33
大仙人スーパー師匠様
こんばんは!
いくら「師匠」がはやっているからと言って、仙人さまのような人生&写真の達人が、私にまで付けなくても宜しいかと・・・
あ、からかってるのね!(笑)

こんな事を言うと、視覚障害の方に大変申し訳無いのですが、私は時々目に映る光景がモノクロームで見えたら良いなと思うことがあります。
色の情報が邪魔、と言うことはないけれど、強調したい部分がどこなのか、恥ずかしながら自分でも分からない時があるのです。
ベテランのプロフォトグラファの中には、光景が白黒に見えると言う方もいらっしゃるようです。
いつの日か、そのようなスーパー眼力を身につけたいと思います。
・・・なんちゃって!(爆)

ところで、ポジはキズだらけだったのですか?残念です。
でも、それが味になるっつ~ことは無いですかねぇ?
URL | いなきち #- | 編集
2009.10.17 22:47

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://minarai39.blog112.fc2.com/tb.php/12-e69edf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード