私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Fri. 22:33:51 -edit

08

31

今までバカにしててゴメンナサイ。 ~カメラ生成JPEGの凄さ~ 

FZ200
ワタクシ、今まで心得違いをしておりました。
どうかお許しください。ゴメンナサイ。

実のところワタクシは、あなた様が精魂込めて作り出したJEPG画像を一顧の価値無しと決めつけ、生意気にもRAW現像こそ高画質を得る唯一無二の手段と思っておりました。

ところが、あなた様のJPEGはワタクシが調整したRAW画像を遙かに超える高品質。
どうあがいても、ワタクシには手も足も出なかったのでございます。

かくなる上は潔くワタクシの負けを認め、以降は積極的にJPEGを使うことにいたします。

----------------------------

まずはこの2枚の写真をご覧ください。
最初はカメラが生成したJPEG(撮影パラメータは全てデフォルト)、2枚目はRAWをワタクシが調整したものです。
※クリックして拡大画像をご覧ください

P1000820-1-1.jpg

P1000820-2-1.jpg
【葵区・春日町】  Panasonic Lumix FZ200 / 26mm(35mm換算)/ Pモード(F4・1/1000) / ISO100


両者の違いとしてまず目に付くのが、雲の描写の違いです。
RAW現像の際、ハイライトとシャドーそれぞれの領域の中でコントラストを付ける(これ、ワタクシの常套手段です)ことをしているので、雲の描写はRAWから現像した方が雰囲気がありますね。
また、家々などの描写も、細かなコントラストが付いているため、立体感を感じられると思います。

な~んだ。
やっぱりRAWから作り込んだ方が画質が良いじゃん・・・


いえいえ、それがそうとも言えないのですよ。


上の写真の右端を等倍に拡大してみました。(上の写真と同様に、JPEG、RAWの順番です)

P1000820-1-2.jpg

P1000820-2-2.jpg


こ、これは・・・
ご覧の通り、JPEGの圧勝ですね。

JPEG画像の詳細な木々の描写は、1/2.3型という極小センサーで撮られた遠景と言うことを考えると、にわかには信じられない驚異的な画質です。
樹木だけではありません。山の上のアンテナ、手前のマンションのベランダの手すりなど、どこを見ても素晴らしい解像感です。

一方、RAWの方はと言えば・・・こりゃ不合格ですね。
ワタクシの調整技術に大いなる疑問はあるものの(笑)、それにしてもグダグダです。
(ちなみに、現像時に輪郭強調とシャープネスは強めに掛けてあります)

周辺部がこれだけ酷いと言うことは、これは恐らくレンズの収差でしょう。
そして、この酷い収差をカメラ内の画像処理が実にうまく処理をしていることが分かります。
レンズの収差の適切な補正と、最近よく聞く「超解像技術」が相まって、ここまでの高画質を導き出したのでしょうね。
正直なところ、今までこの「超解像」と言う言葉を聞くたびに、ワタクシは鼻で笑っていました。

超解像と言ったって、所詮は輪郭強調でしょ?
そんなの後からなんとでも出来るし、ワタクシの傑作(笑)を下手にいじられたらたまらんぜ。
そもそも、「超」なんて付いてるものは、胡散臭くて信用できん!


な~んて感じでした。

ところが、ここまで現実を突きつけられると、これはもう素直に自分の不明を恥じるしかございません。
で、冒頭のゴメンナサイ発言となった訳です。


これからは、RAWを現像するよりJPEGを補正して使うことにしましょう。
ところで、JPEGは補正出来ないと思っている方が多いのですが、そんなことはありません。
極端なことをしなければ、画質の劣化無く調整することは可能です。
ワタクシは仕事で写真を補正して印刷用の版下を作っていますが、そのほとんどが素人が撮られたJPEG画像です。ま、写真だけあまり大きく印刷することは無いのですけどね。

論より証拠に、上のJPEG画像を調整してみました。

P1000820-3.jpg

明らかにRAW現像で仕上げた写真より解像感が上で、これならワタクシも大満足です。


ちなみに、FZ200のRAWファイルを現像出来るのは、現時点ではカメラ付属のSILKYPIXのみ。
もしかしたら、SILKYPIXの現像ロジックが原因で、画質の乱れが見られるのかもしれませんね。(多分そんなことは無いと思いますが)
ワタクシのメインツールであるLightRoomは、FZ200のRAWにはまだ未対応です。(リリース候補の評価版が出ていますので、対応間近だと思います)
LightRoomが正式対応すれば、ひょっとしたらもう少しまともな周辺画質が得られるかもしれませんが、可能性は低いでしょうね。



P1000759.jpg
【葵区・春日町】 Panasonic Lumix FZ200 / 616mm(35mm換算)/ Pモード(F4・1/640・-0.3EV)・高速連写(40fps) / ISO100 / JPEG


今のところ、FZ200には概ね満足しています。
「しょぼいなぁ」と思うことは多々ありますが、我慢できないことは皆無です。
画質に関しても文句を付けたらきりが無いのですが、センサーサイズの小ささから当初想像していたレベルより遙かにまともな写りに満足しています。


この記事にコメントする

2012年08月31日| Comments(4)Trackbacks(0)

スポンサーサイト

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: FZ200 

カテゴリ: カメラやレンズ

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。