私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Wed. 20:39:19 -edit

09

29

マクロレンズにハズレ無し? 

最近思うこと。

「(個体差は別にすれば)悪い写りをするマクロレンズは無いのではないだろ~か。」

間違いないと思うのだけどなぁ。


と言うことは置いといて、購入以来あまり使っていなかったミノルタの100マクロを、じっくり試してきたのであります。
果たして巷の噂通り、銘玉であったのでしょうか。


_DSC1375.jpg
【高橋公園】 SONY α55 / MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) / F6.3 AE / ISO400 / JPEG

_DSC1283.jpg
【高橋1丁目】 SONY α55 / MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) / F2.8 AE / ISO200 / JPEG

_DSC1287-2.jpg
【高橋1丁目】 SONY α55 / MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) / F4 AE / ISO200 / JPEG

う~む・・・
素晴らしい写りに間違いは無いのですが、じゃあ、「ZD50マクロと何が違うか?」と聞かれても、皆目見当が付きませんヨ。
あの、ボケ味が素晴らしいタムロンSP90と比べたって、このような近接域では全く区別がつきませ~ん。

ところで、2枚目の花弁はちょっとディーテイルが消失気味。。。
これはJPEG撮影だからでしょうね。
やはり花マクロの場合は、RAWから現像した方がよろしいかと思います。


結論的には・・・
「ワタクシ所有のマクロレンズは、全部素晴らしい写りをする」
と言うことでよろしいでしょうか(笑)

ちなみにワタクシが所有したことがあるマクロレンズを古い順に言いますと、
 ・NIKON / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G(処分済み)
 ・OLYMPUS / ZUIKO DIGITAL 50mm F2 ED MACRO
 ・OLYMPUS / ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO(処分済み)
 ・TAMRON / SP 90mm F2.5 MACRO(52BB)
 ・SIGMA / 70mm F2.8 MACRO
 ・MINOLTA / AF 100mm F2.8 MACRO(D)

どれも素晴らしい写りでございました。


最後に、現在の手持ちレンズの中で、一番写りに満足しているレンズで撮ったヒガンバナを。

_DSC1323.jpg
【船越堤公園】  SONY α55 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / RAW

_DSC1358.jpg
【船越堤公園】  SONY α55 / SONY 70-400mm F4-5.6 G / F5.6 AE / ISO400 / RAW


このレンズもまた、素晴らしい写りを与えてくれますが、同時に筋肉痛も与えてくれるので、そこの所は勘弁して頂きたいのでございます。


この記事にコメントする

2010年09月29日| Comments(6)Trackbacks(0)

スポンサーサイト

テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

タグ: α55  MINOLTAレンズ  SONYレンズ 

カテゴリ: 路傍の花

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。