私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

--. --:--:-- -edit

--

--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事にコメントする

--年--月--日| Comments(-)Trackbacks(-)

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sun. 22:52:23 -edit

11

29

絵画風写真 

加工(レタッチ)した写真は、すでに「写真」ではないのか?
「写真」ではないとしたら、何なのか??

といった話、昔は興味がありましたが、今となってはど~でも良く(笑)、わたしゃ好きなことをしているだけで~す。

今日は絵画風な写真加工に挑戦!


FH010016-2.jpg
【日本平山頂】 Olympus OM-2N / OM ZUIKO 28mm/f2.8 / CENTURIA200

フォトパスにもUPせた一枚ですが、絵画風とはちょっと違いますか。
撮った時は「良いかな?」と思ったのですが、出来上がりを見たら面白みがなかったので、一種の廃物利用でしょうか(笑)

フィルム現像時にDPEのCD焼き付けを頼むと、1840×1232ピクセルのJPEG画像が得られます。
このファイルの解像度を、写真用インクジェットの印刷基準(諸説ありますが・・・)である200dpiに換算すると、約234cm×156cmの大きさになりますから、A4に印刷するにはちょっとキツイ理屈です。
(ワタクシ的には150dpiあれば十分だと感じていますので、A4までならオッケーだと思います)

ただし、ファイルサイズは600KB前後なので、スキャニングの解像度が低いのでしょう。もしかしたら圧縮もされているかもしれません。

その品質の低さを利用して、ちょっと無茶な補正をかけて楽しんでいる訳ですね(笑)


FH000023.jpg
【清水魚市場付近】 Olympus XA / CENTURIA 200

上の写真、マット紙に印刷したら、絵画風なタッチのお気に入りプリントが出来ました。


_B141756.jpg
【鶴舞公園】 Olympus E-3 / ZD ED 50-200mm

デジタルのRAWファイルが素材だと、さすがに破綻しにくくなるので、背景だけを絵画風なタッチにしてみました。
こんなことしなくても、14-35の開放寄りでは、時としてこのような背景が撮れます。どんな場合に撮れるのか・・・よくわからないんですけどね(爆)


この記事にコメントする

2009年11月29日| Comments(8)Trackbacks(0)

スポンサーサイト

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

カテゴリ: 写真論(笑)

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。