FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Sat. 21:02:38 -edit

12

29

忘れていた望遠オールドレンズ 

本日をもって、やっと今年も仕事納めです。
毎年忙しいこの時期ですが、今年は仕事の出足が遅かったため、いつもより遅い仕事納めとなりました。
やれやれ。

午前中に納品を済ませ、さっそく午後から散歩がてらの撮影に行ってきました。
お供のカメラは何にしようかと悩んだのですが、防湿庫の中をあさっていたら、あらまあ、すっかり忘れていたレンズが出てきましたので、コイツに決定!

TAMRON SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A)

このレンズ、今はやりの高倍率ズームの走りでしょうか。
特徴は、0.65倍という素晴らしい高撮影倍率。マクロレンズと言っても過言ではありません。
もちろんタムロンですから、ボケ味もすこぶる良好。
ただ、問題は900グラムを超える重さ・・・五十肩には辛いスペックです(涙)

ここしばらくは使っていませんでしたが、今日は鳥でも撮ってみようかと、E-M5に装着してみました。


_C296205.jpg
【鶴舞公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A) / F8・1/500 / ISO2500 / RAW

_C296213.jpg
【鶴舞公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A) / F8・1/500 / ISO320 / RAW

_C296313.jpg
【庵原町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A) / F8・1/125 / ISO3200 / RAW

_C296218.jpg
【鶴舞公園】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A) / F8・1/500 / ISO3200 / RAW

鳥が目的でしたが、いかんせん解像度が低く、小鳥相手では厳しいものがありました。積極的に感度を上げたせいもあるかも知れませんね。
ただ、解像度の低さが良好なボケ具合と相まって、優しい写りになるようで、観音様の写真はワタクシの好みの描写になりました。


さて、重量級レンズとは別に、コートのポケットにXZ-2を忍ばせて行きました。
こちらの方の写りは絶好調です。
センサーサイズのせいか、遠景の描写は今一つですが、スナップで使う70ミリ位までの写りは、見事と言うしかありません。

_C296241.jpg
【鶴舞公園】 OLYMPUS XZ-2 / 36mm(35mm版換算) / Pモード(F3.5・1/640) / ISO100 / RAW

_C296244.jpg
【鶴舞公園】 OLYMPUS XZ-2 / 28mm(35mm版換算) / Pモード(F3.2・1/500) / ISO100 / RAW

_C296227.jpg
【庵原町】 OLYMPUS XZ-2 / 66mm(35mm版換算) / Pモード(F4・1/640) / ISO100 / RAW

_C296246.jpg
【庵原町】 OLYMPUS XZ-2 / 82mm(35mm版換算) / Pモード(F2.8・1/160) / ISO100 / RAW

_C296252.jpg
【庵原町】 OLYMPUS XZ-2 / 31mm(35mm版換算) / Pモード(F1.9・1/100・+0.3) / ISO100 / JPEG


さて、明日は仕事場を少し掃除して、午後から買い出しを兼ねてのんびり出かけてみようかと思います。
お供は、XZ-2だけで良いや(笑)


この記事にコメントする

2012年12月29日| Comments(4)Trackbacks(0)

スポンサーサイト



テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ  XZ-2 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

Sun. 23:58:46 -edit

12

23

恒例のエ~クササイズ 

このところ相変わらず仕事が猛烈に忙しくて、写真にうつつをぬかしている暇など全くありません。
巷では三連休の中日であろうが、なんだろうが、自営業者は仕事に精を出さねばなりません。
一年の内で最も仕事が多いこの時期に稼いでおかないと、新しい年を迎えてからの生活が不安でならないのです。

と言いつつも、さすがにこれではストレスが溜まりまくりです。
今日は思い切って仕事を切り捨て、この時期恒例の望遠レンズを使った鳥撮りを練習してきました。

今年は鳥用にE-M5がありますが、長尺レンズはタムロンの500mmミラーしかありません。
ファインダの中央に被写体を捉え続けることすら難しいのに、ミラーレスでしかもMF・・・
不安要素のてんこ盛りですね(笑)


_C236083.jpg
【山原】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/200 / ISO200 / RAW

このレンズを手に入れてから結構使い込んできたので、的が10メートル以内で、なおかつ動いていなければ、EVFの拡大表示無しでも何とかピントをものにすることができます。

このレンズは、被写体が概ね20~30メートル以内だと、大変優秀な写りを見せてくれます。
この写真の場合は、随分とのんびりしたコサギ君でして、距離は約5メートル。
現代レンズにも引けを取らない写りだと思いますが、いかがでしょうか。


_C236150.jpg
【袖師町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO400 / RAW

距離が10メートル以内でも、被写体が小さい鳥の場合は、ピントの精度が怪しくなります。
ワタクシの場合、EVFの拡大表示を使わないと、やっとこさ5割程度のピント精度です。
EVF拡大表示を使ったら使ったで、少し腕や顔を動かしただけで、被写体は簡単にフレームアウトしてしまいます。
また、少しでも風が吹いていると、レンズの鏡胴が揺れてしまい、なかなかジャスピンを得ることが難しくなります。
このあたり、練習あるのみ、でしょうか。


_C236107.jpg
【山原】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO640 / RAW

距離20メートル弱。しかも敵は動いている・・・
だいぶ絶望の域に近づいてきました(笑)
被写体が動いていると、拡大表示では却ってピントが合わせられないので、えいやっとばかりに幸運を願ってシャッターを切ります。

幸運を願うだけでは、練習にはなりませんね(爆)


_C236165.jpg
【清水魚市場】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO400 / RAW

_C236136.jpg
【清水魚市場】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/400 / ISO200 / RAW

このレンズで飛んでいる鳥を撮るのはとても難しいのですが、カモメやトンビの場合は、飛んでいる速度がゆっくりしているので、ワタクシの腕でもそれほど難しくありません。
特に鳥が横移動している場合は、結構な確率でものにすることが出来ます。
と、偉そうに言う割には、ちょっとピントが怪しいようです(笑)


_C236151.jpg
【清水魚市場】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO500 / RAW

いくらゆっくり飛んでいるトンビでも、こちらに向かってくる場合は大変です。
このレンズのピントリングは回転角が大きいので、ピント合わせが追いつかないのです。
何とかピントを合わせられたとしても、換算1000ミリの超望遠域では、被写体があっという間にフレーム内に一杯になってしまいます。
とても構図など考えている暇はありません・・・

ワタクシの場合、はなから構図など考えていないので、別に問題なかったりして(爆)


_C236097.jpg
【山原】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO3200 / RAW

ところで、先日双眼鏡を手に入れました。オリンパスの8×25タイプです。
ええ、フォトパスポイント消化のためです(笑)

双眼鏡は両目を使ってみるので、その見方にちょっとしたコツが要ります。使い始めはそれが分からずに、カメラに比べて随分見にくいなぁと思っていましたが、しばらく使っていてコツが掴めたら、そのあまりの見やすさにビックリしました。
まるで3Dで見ているように、被写体が浮き上がって見えるのです。
恐らくカメラのファインダと違って両目で見ているからだと思うのですが、目のすぐ前に圧倒的な質感を伴って見える被写体は、例えα900の優秀なファインダであろうと、全く太刀打ちできません。

お使いになったことがない方には、ぜひお勧めしたいと思います。


_C236123.jpg
【JR清水駅東口】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SOLIGOR WIDE-AUTO 28mm F2.8(M42) / F8・1/1000 / ISO200 / RAW

今日は少し雲が多かったものの、富士山が綺麗に見えましたね。
ソリゴールは相変わらず好調です(笑)


今日は大負けに負けて、ワタクシのご乱交ぶりをお目にかけちゃいます。
これで仕事のストレス解消じゃ~!
わはははは。

_C210544-Edit_20121224013617.jpg
【清水区某所】 OLYMPUS XZ-2 / Pモード(F1.8・1/30) / IOS200 / 内蔵フラッシュ(-0.7)

この写真のタイムスタンプは「12月21日 22:20」
あれ?仕事してたんじゃなかったのかなぁ・・・(爆)

ちなみに、ワタクシの隣の美人ママさん(まじで美人ですゾ!)が、「フ○トンさんはお元気ですか?」と言っていました(笑)


この記事にコメントする

2012年12月23日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ  M42レンズ 

カテゴリ: 鳥達よ、逃げるでない

△page top

Sun. 20:42:06 -edit

12

09

ミラーレンズ ~満足と妥協~ 

そろそろマクロの季節が終わり、野鳥撮影の季節がやってきました。
ワタクシはそれほど鳥撮りに興味はありませんが、この時期、家の周りでは他に撮るものが見つからないので、下手くそながらも毎年珍しい鳥でもいないかと、そこらを歩き回っています。

今年は焦点距離が2倍換算になるE-M5があるので心強いのですが、問題はレンズです。
ワタクシが持っている一番望遠域のレンズと言えば、タムロンのSP500。MFの500mmミラーレンズです。
古いレンズなのですが、昨年、完全オーバーホール品をビックリするほど安価で手に入れることが出来ました。

今まで何度も撮影に連れ出していますが、条件が合うと大変優秀な写りを楽しむことが出来ます。
特に、水の写りが独特であると感じており、水辺の鳥を撮るのにはなかなかステキなレンズだと思います。


_C095810.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO800 / JPEG

上の写真は、JPEG撮って出しです。
シャッター速度にも依りまが、いかがでしょうか、水の粘度を感じる写りだと思いませんか?
ワタクシはこの粘りのある水の描写が大変気に入っています。


_C095781_20121209200614.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/640 / ISO1600 / RAW


_C095829.jpg
【下野西】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO1600 / RAW


ところがこのレンズ、とても扱いづらいレンズです。
E-M5では、焦点距離が換算1,000mmにもなるので扱いやすい訳がないのですが、それにしてもピントが極めて薄いのです。恐らく、通常の500mmレンズよりも、かなり被写界深度が狭いと感じています。
ミラーレンズの場合、その機構上、通常レンズよりも被写界深度が狭くなるのでしょうか?

また、ピントの山が極めて掴みにくいのです。
E-M5のEVFでは、拡大表示しなければ、ピントはほぼ勘頼りになります。
これは、レンズのコントラストと解像度がが低いせいだと思います。

EVFの拡大表示を使えば、ピントの山はある程度分かるようになりますが、換算1,000mmを手持ちで動かないように保持するのはかなり大変です、と言うか、ほぼ無理です。
常に動くファインダの中でピントをどうにか合わせたとしても、少しの振動で最初に決めた構図が大きくずれてしまいます。
上から2番目のカモ(名前不明)の写真は、真ん中を拡大表示して鳥の顔に合わせたはずが、シャッターを押す瞬間に構図がずれてしまいました。
そうすると、ただでさえ薄いピントがコサイン誤差でずれてしまい、シャープさが急激に失われてしまいます。


_C095800.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/800 / ISO320 / RAW

このジョウビタキの写真、クリックして拡大表示で見て下さい。
テレコンを噛まして換算1,400mmの手持ち撮影と言うこともあり、ピントがずれているのがお分かりかと思います。
ただ、このレンズの場合、この程度のピンずれは大目に見ないと、ほとんどがボツ写真になってしまいます。


_C095795.jpg
【山原貯水池】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG / F8・1/640 / ISO800 / RAW


また、手ブレ防止のためどうしても高感度で撮ることが多くなるので、元々素晴らしく高いとは言えない解像度が犠牲になってしまいます。
このあたり、解像度重視なら、300mmクラスのレンズで撮ってトリミングした方がよろしいかも知れません。

ちなみに、今回載せた写真は全てノートリです。


_C095842.jpg
【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO1250 / RAW


_C095858.jpg
【高橋5丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO640 / RAW


_C095857.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/500 / ISO800 / RAW


_C095861.jpg
【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/640 / ISO200 / RAW


このレンズは、時々ハッとするほど解像感のある写りを見せてくれます。これは被写体に依るところが大きいようです。
解像度自体はなかなかのものだと思いますが、いかんせん「線が太い」のです。
ですから、小鳥など、細かな構造物から成る被写体には、それほど適しているとは言えません。
ところが、サギなどの比較的大きな被写体の場合、レンズの線の太さが被写体とマッチして、驚くほどの解像感を得ることが出来るのです。


ざっとこのレンズの特徴を書いてきましたが、このレンズの使用感を一言で表すと「満足と妥協の抱き合わせ」と言えるようです。

マイクロフォーサーズの場合、今のところ食指が動く望遠レンズがないのが残念です。
欲しくなるレンズが出るまでは、このレンズで我慢しなくちゃ、ね。


この記事にコメントする

2012年12月09日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: α900  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 鳥達よ、逃げるでない

△page top

Sat. 21:35:38 -edit

12

08

ジジイになっちゃった 

今週初めに体調を崩してしまい、まだ本調子に戻りません。

鼻水と咳が止まらなくなりまったのが事の始まり。熱は出ていません。
毎年、この時期からアレルギーが始まりますので、またか、と言う感じだったのですが、その内に首の後に大きなみみず腫れができ始め、手足の関節の裏側にも広がる始末。かゆくて仕方がありません。
アレルギーが酷くなったのかと、急いで病院に行くと・・・じんま疹でした。
何か悪いものでも食べたのでしょうかね。

病院で点滴をし、薬をもらって来たのが6日の木曜日。
それから2日が経ちましたが、じんま疹は随分軽くはなったものの、未だ完治はしていません。
薬の副作用か、はたまた体力が落ちたせいか、夜になるとすぐに眠くなり、仕事が忙しいにも関わらず、すぐに布団に入る始末。
まるでジジイになってしまったようです。


_C085710.jpg
【大内新田】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/800 / ISO640 / JPEG


PC085737.jpg
【押切】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO / F3.2 AE / ISO200 / JPEG


_C085746.jpg
【押切】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/160 / ISO200 / RAW


_C085762.jpg
【高橋2丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO / F4 AE(-0.3) / ISO200 / RAW


きっと人間、こうやって老いていくのですね・・・
さみし~。


この記事にコメントする

2012年12月08日| Comments(6)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  TAMRONレンズ  ZUIKOレンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

Sun. 21:06:38 -edit

11

25

フル装備 

今日は、張り切ってフル装備で、県立美術館近くを散策してきました。
と言っても、「E-M5用のフル装備」ですので、実はとっても楽チン、なのでした。

持って行ったのは、
 SIGMA 19mm F2.8 EX DN
 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
 TAMRON SP 500mm F8 (55BB)
の3本です。


_B255221.jpg
【県立美術館】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/800 / ISO4000 / RAW

_B255259.jpg
【県立美術館】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/800 / ISO2500 / RAW

_B255213.jpg
【県立美術館】 OLYMPUS OM-D E-M5 / TAMRON SP 500mm F8 (55BB) / F8・1/125 / ISO1000 / RAW


この3本の中で、本日一番の活躍は、意外にも超望遠ミラーレンズの55BBでした。
小高い山の上に建つ県立美術館の森には、この時期、下界では見ることの少ない鳥が見られるのです。
今日目にした鳥の中で、ワタクシが普段見ることが少ない鳥は、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ウグイス等々。
ただし、この中でまともに撮れたのはコゲラのみ・・・
それもISO4000で撮ったので、後処理でノイズを消したら見事に羽のディーテイルが失われてしまいました(涙)
仕方がないので、綺麗なお姉ちゃんのオッパイを盗み撮りして憂さを晴らしました(爆)

やはり薄暗い森の中で、換算1000ミリの超望遠を手持ちで使うのは難しいものがありますね~。


_B255073.jpg
【高橋1丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SIGMA 19mm F2.8 EX DN / F6.3 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG

_B255081.jpg
【高橋バス停】 OLYMPUS OM-D E-M5 / SIGMA 19mm F2.8 EX DN / F2.8 AE(+1.0) / ISO200 / RAW


次によく使ったのは、シグマの19ミリ。
換算38ミリなので、非常に使いやすいレンズです。
また、かなり寄ることが出来るレンズですので、大き目の花ならマクロレンズ的な写りを楽しめます。

でもこのレンズ、ゴーストと色収差がちょっと酷いのです。
ゴーストはご愛敬だとしても、ハイライトエッジの色乗りだけは何とかして欲しいなぁ。
もうすぐオリの新しい17ミリがでるようですが、どうなんでしょうね。気になるところです。


_B255203.jpg
【県立美術館】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO / F5 AE(+0.3) / ISO400 / RAW

_B255096.jpg
【県立美術館】 OLYMPUS OM-D E-M5 / OLYMPUS MZD ED 60mm F2.8 MACRO / F2.8 AE / ISO200 / RAW


本日、一番出番が少なかったのが、オリのED60ミリマクロ。
たまたま、マクロ的な獲物を見つけられなかったと言うことです。
でも、絞りを開け気味にしてスナップ的に中遠距離で撮ると、場合によってはボケがざわついて、グルグルボケのようになる事があるんです。
この辺りが、「値段並み」と言えるのかも知れません。
ま、それを差し引いても、十分に良いレンズですよ~。


この記事にコメントする

2012年11月25日| Comments(6)Trackbacks(1)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: E-M5  ZUIKOレンズ  SIGMAレンズ  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 駿河区探索

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード