FC2ブログ

私、ボケたくございません。

齢50の声が近づき、今までお気楽に生きてきたことを考えると、将来、いや明日にでもボケる気がしてなりません。よし、散歩して、写真撮って、ブログすれば、大丈夫!・・・カモネ

Tue. 23:58:00 -edit

06

05

α77にサヨナラ・・・言えるのか?(その1) 

購入以来何とか使ってきたものの、やはりα77はワタクシにはしっくりきません。
もちろん良いところもあるけれど、それ以上に気に入らないところが多いのです。
でも、まだ処分する踏ん切りがつかないのです。

今のところ、α77が必要な理由としては・・・

〇1)優秀なEVF
 最初は「思ったより見やすい写りだな」程度の認識でしたが、今では手放せなくなりました。
 特にオールドレンズを付けたときの拡大表示。これによって合焦確率が飛躍的に上がりました。
 ちなみにピーキング表示は、「使い物にならない一歩手前」ってところです(笑) ←思ったより細かい被写体じゃないと輪郭を検出しないのと、検出した場合は場合で、今度は許容範囲が深すぎるのです。

〇2)スマートテレコン
 ボタン一発で中央部を拡大し、x1.4またはx2.0の画像が得られるスマートテレコン。
 画素を拡大補完するのではなく、単純にトリミングする(画素数を落とす)タイプですので、用途別の必要解像度を理解していれば画質の劣化はありません。
 ワタクシ所有のAFレンズは300mmまでしかないので、この機能はとても便利です。(ただし、JPEGオンリー/RAW同時記録不可だけど)

〇3)小型軽量
 と言っても、α900と比べた場合ですケド。
 ワタクシのように近所の散歩がメイン用途の場合、軽いとやっぱり持ち出す機会が増えますね。

・・・と言ったところです。


じゃあ、「ココが我慢できん」ことというと、以下になるでしょうか。

×1)塗り絵画質
 さんざん文句を言ってきましたが、一番困るのはどんなときに塗り絵になるかの条件が分からないことなんです。
 この塗り絵、アウトフォーカス部に現れるのですが、びっくりするほど綺麗なボケを見せてくれたかと思うと、一転してとんでもないベチャベチャなボケもある・・・ ホント、何なんでしょうねぇ。
 恐らく透過ミラーによる光量ロスがA級戦犯で、画像処理(ノイズリダクション)の稚拙さがB級戦犯と言ったところなんでしょうね。
 し・か・し・・・最近思うのですが、この「塗り絵」については、ちょっと見方を変えた方が良いかとも思うのです。
 詳細は次回に持ち越しますが、鑑賞する環境によって、感じたり感じなかったり、見えたり見えなかったりするのではないかと・・・

×2)TLM
 塗り絵画質の元凶と思われる透過ミラーについてですが、テクノロジとしては面白いかな、と思いますが、どうも無理矢理感が拭えません。
 だって、光軸のど真ん中にAFのためだけにミラーを置き、センサー受光量を低下させるなんて、どう考えたって不自然だと思うのです。
 分かったふりして言わせてもらうと、「システムとして美しくない」のですよ。
 百歩譲ってTLMを可としても、ミラーアップを組み込みなさいよ、と言いたい。

×3)AF
 「α史上最高のAF」と言う人がいるけれど、ほんまでっか?こんなレベルで史上最高だったら、古参のαユーザはさぞかしMFの達人なんだろうな、と思います(笑)
 先日、AFを中心とする調整から帰ってきたワタクシのα77。前回も少し書きましたが、中央の周辺部が使い物になりません。

 どうしようか一瞬悩みましたが、実際の例をお見せしましょう。
 次の写真は室内のテーブルの上をPモード(ISOオート)で撮ったので、露出は実際より暗めです。
 メンソレータムの看護婦さん(前回「白チン」と書いたのは間違え、笑)をモチーフにした、生活ショットです(笑)
 汚い写真でゴメンナサイね。なんたって高画素機ですから、写らなくても良いものが写ります(爆)

 写真は未加工のJPEGの上に、ソニーのHPで見つけたAFポイントの説明写真をトレースして得られた中央5点のAFポイントを重ねてあります。使ったAFポイントは赤線で表しました。
 拡大画像を見ると左と上に白いフチが出てますが、重ね合わせ加工にAdobeIllustratorを使い、JPEG書き出しをしたときに付いちゃったものです。


1 (2)

2 (2)

3 (2)

4 (2)

5.jpg


ご覧の通り、周辺ポイントはむごい結果に・・・特に左右は酷すぎますね。
この一連のショットですが、実は何度やっても同じ結果(これはこれで珍しいと思いますが)
確かにこの周囲4点は、クロスセンサーじゃないようですが、でもねぇ、α900のラインセンサーで問題なく合焦したのですよ。(レンズはミノルタのAF35-50/F4)

試しに先ほど単体露出計で測ってみたら、この場所の輝度はちょうど5EV(ISO100)。と言うことは、F2.8で1/4秒のシャッター速度です。
う~ん、暗い言えば暗いけど、ちょっとなぁ・・・もう少しがんばって欲しいですよ。
百歩譲って精度が出ないなら、合焦サインを出さないでくださいよ~。
それから、中央+周囲4点のゾーンフォーカスなんて搭載するな~、と言いたいですね。


ちなみに、次の被写体では、周囲含めてすべてのAFポイントで合焦しました。
・・・ナゼ??

6.jpg


まぁ、我ながら少しいちゃもんを付けてるな、という感じはします。
でもね、発売当初に遡って、あの操作性(レスポンス)の悪さ(ワタクシはほとんど不具合だと思っています)がなければ、ラインセンサーの精度にこれほどイチャモンを付けることはなかったと思いますよ。
次回に述べる予定の「塗り絵画質」だって、あまり気にならなかったかもしれないですね。

ワタクシはソニーにそれほど愛着はないけれど、やはり裏切られた感が強いのです。
「不良品のまま売り出しやがって!」とか、「ナゼ発売を延期しなかったのだ!」とか、「めちゃくちゃ値下がりしてるじゃないか!」とか(笑)
と同時に、今後がとても不安なのです。(特にTLMについて)
ストレスなんですよ、ホント。

で、ワタクシの精神状態改善のため、早めにα77を売り払い、ぽっかり空いた望遠系とオールドレンズ用のカメラの穴をOM-Dで埋めようと、かように思うのであります。

でもねぇ・・・
なかなか踏ん切りが付かないのですよ。
ひょっとして、α77に愛着を感じているのかも、ね。


この記事にコメントする

2012年06月05日| Comments(2)Trackbacks(0)

スポンサーサイト



タグ: α77 

カテゴリ: カメラやレンズ

△page top

Sun. 19:04:04 -edit

06

03

何か良くなったような気が・・・しません。 

AF機能の調整を中心に、全体的な整備をメーカーにお願いしてあったα77。少し前に戻ってきました。
電話を頂いた担当者のお話では、特に問題は無いが一通りの調整を行うとのことでしたが、さてさて、どうなりましたか。

戻ってきてすぐにキットレンズと共に試写に出かけた時は、相変わらずAFが弱く、この点での改善は見られませんでした。
私のα77のAFは、中央は合格点を上げられる(エクセレント!ではないですケド)ものの、その周りの4点、特に左右の精度がめちゃくちゃ悪いのです。
決して誇張ではなく、今までの経験からしても信じられないほど合焦精度が低く、どれ位ひどいかというと、普通の明るさの室内(蛍光灯下)で白チン薬(笑)の白地に青い文字に50cmで絶望、といったレベルです。

このAFの弱さ、何が困るかというと、ゾーンフォーカスが全く使えないと言うことなんです。
α77の中央ゾーンフォーカスは、中央+周囲併せて5点でフォーカスをフォローすると言う、飛んでいる鳥を撮る場合などに有効な仕様なんですが、周辺4点が全く役に立たず、周囲のフォーカスポイントに被写体を抑えていても、ピントがどこかに行っちゃうのです。
ホント、ゾーンの意味ないじゃん。

ま、仕様ならしょうが無いですよね・・・と諦めるしかないのが辛いところです。
仕方が無いから、α77でAFレンズは使ってやらないことにしました(ウソ)


_DSC7282_20120603185435.jpg
【八坂東】 SONY α77 / OPTOMAX 35mm F2.8 / F5.6・1/1500 / ISO200 / JPEG


_DSC7280.jpg
【八坂東】 SONY α77 / OPTOMAX 35mm F2.8 / F5.6・1/1500 / ISO200 / JPEG


_DSC7285.jpg
【秋葉山公園】 SONY α77 / OPTOMAX 35mm F2.8 / F5.6・1/1000 / ISO200 / JPEG


_DSC7315.jpg
【八坂東】 SONY α77 / OPTIMAX 35mm F2.8 / F5.6・1/45 / ISO100 / JPEG


_DSC7296.jpg
【秋葉山公園】 SONY α77 / VIVITAR 135mm F2.8 / F5.6・1/750 / ISO200 / RAW


_DSC7321_20120603185437.jpg
【八坂西】 SONY α77 / VIVITAR 135mm F2.8 / F5.6・1/125 / ISO100 / JPEG


_DSC7326_20120603185438.jpg
【八坂西】 SONY α77 / VIVITAR 135mm F2.8 / F5.6・1/200 / ISO100 / JPEG


あれ?
何となく、ボケ具合が滑らかになったような気が・・・しませんね(爆)

アジサイの写真、上部のシャドー部を見れば分かりますが、相変わらずの塗り絵状態。
この写真は間違えてISO200で撮ってしまったこともありますが、今更ながらこれはちょっと酷いなぁ。

これは例の計画を急がねば・・・(ボソ)




この記事にコメントする

2012年06月03日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: α77  M42レンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

Sun. 23:59:45 -edit

05

27

清見寺・五百羅漢 

何年ぶりかで、興津にある清見寺(せいけんじ)に行ってきました。

お目当ては五百羅漢。お釈迦様の弟子達で悟りを開いた方々だそうです。
その名の通り、難しい顔をして瞑想している顔や、世の中の苦難を嘆いている顔が多いのですが、中には酒飲んで騒いでいるとしか思えない顔も見られ、写真を撮っていても飽きることはありません。


_DSC7086.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F5.6 AE / ISO100 / JPEG


_DSC7112.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F3.5 AE(-0.5) / ISO100 / JPEG

瞑想する方達。
静かな威厳を感じます。


_DSC7125.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 AE(-1.0) / ISO100 / JPEG

世の中を憂うお顔。
色々ご心配をおかけしております。


_DSC7131.jpg
【清見寺】 SONY α77 / TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di USD (A005) / F5.6 AE / ISO100 / JPEG

ばかに眉毛が濃いお顔。
何となく好々爺って感じもしないではないですな。


_DSC7106.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F4.5 AE(-0.5) / ISO100 / JPEG

座禅で足がしびれちゃって、「あぁ」って言ってるお顔。
・・・スミマセン、発想が貧弱で。


_DSC7095.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F3.5 AE(+0.5) / ISO100 / JPEG

色々な表情の中で、お顔がなくなっている方もいらっしゃいました。
顔のない顔・・・ひょっとして現代人を象徴しているのであろ~か?


_DSC7092.jpg
【清見寺】 SONY α77 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 AE(+0.5) / ISO100 / JPEG

今回、一番印象に残ったお顔。
校長先生に怒られているような気分になりました。


この記事にコメントする

2012年05月27日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: α77  SIGMAレンズ  TAMRONレンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

Sat. 21:17:04 -edit

05

26

体調回復ペア 

今週一週間は体調が悪く、鼻水が止まらなかったり、お腹の筋肉が痛くなるほど咳き込んだりと、散々な日々でした。
熱は出なかったので、恐らく檜アレルギーのせいだと思います。
ワタクシのような神経が細やかなナイスガイは、アレルギーになることが多いようですよ(笑)

今日は久しぶりに体調が回復したので、同じく入院明けのα77と共にドリームプラザに行ってきました。
なにやら映画関係のイベントが始まるようでしたが、人混みを避けたい故、全く無視して人のいない方へと向かいました、ははは。


_DSC7002.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 SONY α77 / ASAHI PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / F5.6 AE / ISO100 / JPEG

当初、ポジフィルムで撮ろうと思っていたのですが、出かけるのが昼過ぎになり天気もあまりよろしくなかったので、フィルム撮影は諦めたのでした。
そこで、せめてデジタルでもフィルムっぽい画を楽しみたかったので、ワタクシが独自に編み出した(笑)ポジフィルムセッティングを施し、JPEG撮影を行いました。

独自セッティングと言っても、実はたいしたことは無く、
 PORTRAIT / CONTRAST(+1), SHARPNESS(+1)
と言う、至ってシンプルな設定です。

この設定で撮ると、コダクロームのような黄色が強い独特な色合いが楽しめます。
黄色の花などもこの設定で撮ると、結構印象的に撮れますからお勧めです。

_DSC6989-2.jpg
【高橋東バス停】 SONY α77 / ASAHI PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / JPEG


_DSC7028.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 SONY α77 / VIVITAR 135mm F2.8 / F8 AE / ISO100 / JPEG

_DSC7014.jpg
【エスパルスドリームプラザ】 SONY α77 / VIVITAR 135mm F2.8 / F8 AE / ISO100 / JPEG

今日は港内遊覧船へ乗る団体客がたくさん来ていました。
40人ほどのグループが何組かに分かれて搭乗していったのですが、搭乗前に記念写真を撮っていたカメラマンが実に素晴らしいフットワークと軽快なトークで、見ていて感心してしまいました。
ところで、今はこのような職業カメラマンでも、35ミリ(ニコン機+古いストロボ)で三脚を使わず撮るのですねぇ。


_DSC7070.jpg
【島崎町】 SONY α77 / ASAHI PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / F8 AE(+0.3) / ISO320 / JPEG


_DSC7072.jpg
【駅前銀座】 SONY α77 / ASAHI PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / F2.8 AE(-0.3) / ISO100 / JPEG

今日も暑くなると思ってTシャツ1枚で出かけたのが裏目に出て、日が落ちる前に寒くなって家路につきました。


ひさしぶりにα77とオールドレンズの組み合わせを楽しんできました。
やはりオールドレンズを楽しむには、OVFよりEVFの方が都合が良いですね。拡大表示のお陰で、ピントの合焦率が格段に上がります。
また、α77は後処理耐性がものすごく低い(と思う)ので、ファインダで仕上がりを見ながら露出補正かけられるのは大変有効な手段です。まぁ、「仕上がり」って言ったって、目安くらいに考えた方が良いのですけどね。


それにしても、オールドレンズってスゴイですねぇ。
今日使った2本は、黙っていれば絶対に何十年も前のレンズだって分からない写りだと思いますよ。
ま、ボケ具合は現代レンズに比べて今ひとつな場合が多いですけどね~。


この記事にコメントする

2012年05月26日| Comments(8)Trackbacks(1)

テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

タグ: α77  オールドレンズ 

カテゴリ: 清水区探索

△page top

Sun. 21:37:17 -edit

05

20

500mm ミラーレンズ 

明日は世紀の金環日食ですね。
皆さん、もう準備はお済みでしょうか?
ワタクシはと言えば、カメラの被写体として全く興味が無いので、多分まだ寝てますね(笑)

ところで、最近KENKOからミラーレンズが新発売になったようです。
恐らく、明日の日食用に購入された方もいらっしゃると思います。

ワタクシ所有のミラーレンズ「TAMRON SP 500mm F8(55B)」と最新式のレンズでどの位の違いがあるのかわかりませんが、ミラーレンズは構造が比較的単純なため、コーティングや周辺光量の違い以外、それ程写りに違うは無いような気もします。

そろそろ渡り鳥たちも姿を消しつつある今。今後は冬まで防湿庫の肥やしになることが多いでしょう。
そうなる前に今日はこのレンズ1本で長めの散歩をしてきました。

ちょっと目が疲れましたよ。


_DSC7972.jpg
【能島】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/1250 / ISO800

_DSC7997.jpg
【能島】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/1000 / ISO800

α900との組み合わせでは、周辺光量落ちがかなりあります。直そうと思えば後処理でなんとでもなりますから、全く気にしていません。
それより問題は、やはりピント。このような大きな鳥でも、ピントはかなりシビアです。
構造上レンズ内で複数回反射するため、コントラストがかなり低くなるので、ピントの山が掴みにくいのです。
この点で、α900よりα77の方が、拡大表示やスマートテレコンがあるおかげで格段にピント合わせがやりやすいです。

次の写真は、30m以上離れた川の向こう岸にいるカワセミを、α77のスマートテレコン(2倍)で撮ったものです。
画室云々は置いといて、持っていたカメラがα900じゃなくてよかった、と心底思いましたよ。


_DSC5190-2.jpg
【北脇新田】 SONY α77 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/400 / ISO800 スマートテレコン(x2)


解像度もなかなかのものです。ただし、手ぶれ無し/ピントバッチリ、でのお話しです。
現行レンズ、例えばシグマの500ミリズームなどに比べたら、恐らく写りは悪いと思うのですが、重さの差を考えれば十分納得できる写りだと思いますよ。
ただし、被写体までの距離が遠くなるほど、急速に解像度が落ちる感じがします。

_DSC8044.jpg
【天王南】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/320 / ISO1600

↑小川の反対側を小走りしていた犬。近すぎて構図が定まりませんでした。
背景にオオイヌノフグリの群生があれば、完璧だったのになぁ・・・もう咲いていないけれど(笑)


_DSC8045.jpg
【高橋2丁目】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/640 / ISO1600


_DSC8017.jpg
【梅ヶ谷】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/500 / ISO1600


最短撮影距離は1.7m、その場合の撮影倍率は1:3ですので、マクロ的な表現もまずまず可能です。
ただ、やはり独特なドーナッツボケが気になります。
無理してマクロ用に持ち出す必要は無いでしょうね。


_DSC8031.jpg
【梅ヶ谷】 SONY α900 / TAMRON SP 500mm F8(55B) / F8 ・ 1/800 / ISO1600


このレンズの一番の長所は600gを切るその軽さと小ささ。
小型のバッグに余裕で入りますので、鳥がメインではないけれど、もしかしたらカワセミに出会えるかも知れない、などと言ったお散歩にはちょうど良いと思いますよ~。


この記事にコメントする

2012年05月20日| Comments(4)Trackbacks(0)

テーマ: 野鳥の写真 - ジャンル: 写真

タグ: α900  α77  TAMRONレンズ 

カテゴリ: カメラやレンズ

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード